車中泊の豆知識/コツ

車中泊&バンライフしながら日本一周旅を始めるために準備したこと!

2020年9月23日

こんにちは!
かなかず夫婦のかずきです。

今回は、私たちが車中泊・バンライフで日本一周車旅を始めるために実際に準備したことを紹介します。

下記プラットフォームから、聞くことも出来ますので、ぜひ利用してみてください♪

AnchorSpotifyGoogle PodcastsPocket CastsRadioPublicBreakerで聞くことが出来ます。
YouTubeでもご視聴可能です。

バンライフを始めるには・・・。

はい、ということで
今回は「バンライフを始めるには」、というテーマでお話します。


そもそも
『バンライフ』
を知らない人もいると思うので、そこから紹介していきます。

VAN LIFE(バンライフ)とは

VAN LIFE(バンライフ)というのは、フォスター・ハンティントン(Foster Huntington)という人から始まった、広まったと言われています。

自分が生活に必要な最小限の荷物をバン(VAN)に詰め込んで、何者にも縛られない自由気ままな旅・生活(LIFE)をすることを「VAN LIFE」と呼んだそうです。

僕たちはこの本に出会って、世界観が、人生観が変わりました。

この本は英語版になっているんですが、
つい先日の、2020年8月31日に日本語版も発売されました。



日本だと車で寝泊りや旅、生活をしていると
「車上生活」「車中泊」なんて呼ばれ方をします。

みんなが思うのは、貧乏旅行のイメージが強いと思います。
僕も初めはそう思ってました。

ですが、最近は車中泊からバンライフ(VAN LIFE)と呼び名を変わりつつあります。
そして、若い人たちの間で人気になっています!

嘘だと思う方は、インスタグラムで「#Vanlife」と検索してみてください。
800万件以上の投稿があり、見ているだけでもワクワクするものばかりですよ!!
(*2020年8月時点)


世界的に広まっていて、憧れであったバンライフが
徐々に浸透していっている証拠ですね。


何が良いかって、あくまでも「ライフスタイル」のことなので、正解というものがないんです。

偉そうに、バンライフとは、、、
なんて言いましたが、これが答えです。

つまり、自分たちがバンライフだ!って思えばそれがバンライフなのかなーと。

こんな曖昧なくくりだからこそ、
いろんな方面で、様々な人達がバンライファー(バンライフする人達の呼び名)になっているんでしょうね。


ですので、正解はないと言ったんですが、それだと今日のお題である
「車中泊&バンライフしながら日本一周旅を始めるために準備したこと」
に答えられていないので、僕たちはこうしました!
という、かなかず夫婦の例で時系列順にお伝えしていきます。

バンライフで日本一周を開始するまでにやったこと

では、
バンライフ・車中泊で日本一周を開始するまでにやったこと、というのは大きく分けたら全部で12項目ありました。

準備したこと12項目

各都道府県のリスト作り

  • ルート決め
  • YouTubeやブログ・各種SNSを始めた
  • 家族に報告
  • 断捨離
  • 仕事を辞める
  • 引っ越し
  • 各種手続き
  • 車の購入および保険の加入
  • 車内のDIY
  • 荷物の厳選
  • 車生活の練習

全てあげると上記の項目になります。

箇条書きではよくわからないと思うので、詳しく解説します。

準備期間

まず準備期間なんですが、
半年くらいかけてじっくり準備しました。

ですが、正直こんなに準備期間はいらないです。

僕たちの場合は、コロナウィルスの影響があり、準備をゆっくりせざるを得ませんでした。
*早く準備できても出発できなかったので…。


では、準備した内容を紹介していきます。

各都道府県のリスト作り

まず1つ目は、「各都道府県のリスト作り」です。
僕たちは行きこぼしがないようにしたかったので、こういったものを夫婦でそれぞれ作りました。

項目としては、3つ!
・行きたい場所
・食べたいもの
・温泉


です。

まあ、行きたいところっていうと漠然としているんですけど、
僕たちは、日本にある世界遺産や絶景が中心になりました。


やっぱり絶景って素晴らしいじゃないですか。
普段なら写真や映像でしか見られないものを、旅なら実際に出向いて自分の目で見ることが可能なので
こういったところが多くなりました。

あとは、無料で行けるスポットとかも多いです。
僕たちの旅は、旦那かずきが社会人時代に貯めたお金でやりくりしているので、お金が底を着いて一周できなくなったら意味がないので、
無料でも楽しめるスポットもピックアップしました。


食べたいものに関しては、B級グルメとか、ご当地グルメが中心になっています。
旬なものを、その場所で食べるって最高の贅沢です!


温泉は、有名どころから銭湯、野湯まで色々調べました。
苦労して行ける秘湯とかも、最高です!

そういったところって、その周辺の地元の人たちが多く利用しているので、色々とお話を聞くことができます
こういった場所には年配の方が多くいるのですが
仕事柄、年配の方と話すのは好きなので、地元の方とお話するのは楽しみです♪

ただ、本音言うと、
もっと若い人たち、同年代の人たちと話したりして、全国に友達というか仲間を増やしたいという気持ちもあります。

車旅ってなかなか若い人たちがいないのでちょっぴり寂しかったりしてます。


あとは、自分たちで調べた場所も、もちろん行くんですが
TwitterとかYouTubeなどのコメントで頂いた場所にも積極的に行くようにしています。
地元の人の情報ってやっぱりすごく貴重で、新たな発見ができることが多い!

ちなみに、教えてもらったものは全てメモしていますので、どしどし情報いただければと思います。
TwitterInstagramだと返信は早いと思います。

みなさんの地元の情報お待ちしております。

ルート決め

次は、「ルート決め」ですね。

これも人によっては決めなくても良いんですけど、僕たちはきっちりかっちり予定が入っていた方が好きなので決めています。
やっぱり、ざっくりでも決めといた方が効率的に周れますね。


けど、旅人さんって
基本的にその場その場で行きたいところ決める人がかなり多いです。


でも、そうすると同じところを行ったり来たりして、ガソリン代も時間ももったいないです。

なんとなくでも良いので、
どういう風に周るのか、周りたいのか、この季節はどこにいたいのかなど、決めておくだけでもかなり時間とお金の節約に繋がります!
(僕たちもきっちり予定を組んでいますが、天候や気分によって柔軟に予定は変更しています。)

YouTube・ブログ・SNSをスタート

お次は、
「YouTube・ブログ・SNSをスタート」
させた、ですね。

これもやってもやらなくてもって感じに思う人がいるかもしれません。

しかし、今になってみると、やっておいて良かったな。と感じてます。

僕たちの場合は、ネットで稼ぐスキルを持ち合わせていなかったので、
やるしかなかった。っていうのもあります。


けど、まだ始めていない人がいたら
今すぐ、始めたほうがいいです。
ホント誰でも簡単に手軽に始められます!特にYouTubeは!

この辺の話は、他の記事で詳しく説明していこうかなと思います。

家族に報告

次にやったことは、
「家族に報告」
です。

誰にかって、両親への報告ですね。

この後の話とも関係してくるんですけど、
早めに報告しておいた方がいいです。


ましてや、
仕事辞める、実家に住民票移すなど、実家にお世話になる予定がある人は特に早めに伝えましょう。

自分の人生なので、自分で決めていいことですが、少しでも親の手を借りるのであれば、報告するのは義務だと思います。

断捨離

次は、
「断捨離」
です。

これは2つの意味があって、
1つ目は、荷物を減らす
2つ目は、不必要なものを売って旅の資金にすることができる
ってことです。


1つ目の荷物を減らすは、持っていけるものが限られているからです。
バンライフにはいらないけど、あとで使うためにどこか別の場所に置いておく必要がある荷物もあったりします。


持っていくもの、取っておくもの、いらないものに分けましょう。
荷物は少ないに越したことはありません。


2つ目の「不要なものを売って旅の資金にする」
これは是非ともやってください。
僕たちも、いらないけどまだ使える、みたいなものは全て、メルカリやラクマなどのフリマアプリに出品しました。

これが、結構な額になりました!
手数料が取られてしまったり、発送がめんどくさいって思うかもしれませんが、
まったくの初心者の私達でも出来たんで大丈夫ですよ。

それより、まとまったお金が手に入るので、
旅の資金が少ない方は絶対にやるべきです!

仕事を辞めた

次は、
「仕事を辞めた」
になります。


これは、上司に辞めることを伝えて
はい!!って退職届出すだけなので非常に簡単です。
なんの問題もありません。


仕事によっては引き継ぎとか色々あるかもしれないので、早めに辞めることを伝える必要があります。
*半年前までに伝えなければいけないという人もいますしね…。


仕事関係の話で言えば、
最近流行りのリモートワークでお仕事をしている方々っていうのは、今すぐにでもバンライフすることができますね。

やっぱり、バンライフって言っても、生活なのでお金が必要になってきます。
現状リモートで仕事が出来ているなら、ぜひともバンライファーに!

職場に行く必要がなければ、バンライフできます!
ネット環境とパソコンさえあれば、旅しながらでも仕事ができてお金がもらえます!

満員電車に乗ったり、高い家賃の家に住む必要性がなくなるので、余計なストレスもかからなくなるのでオススメします!
僕たちもバンライフを始めるなら、そういったパソコン一つで稼げる手段・スキルを早いうちから身につけておけば良かったなーと感じています。

引っ越し

続いて、
「引っ越し」
です。

結構大事な問題で、住民票関係の話もあります。

バンライフをするにしても、
日本の場合、どこかに住所(住民票)を必ず置かないておかないといけないです。


僕たちは、夫婦揃って実家に住所を移しました
たくさんのバンライファーに会ってきましたが、この方法が1番多かったです。

もちろん、現在住んでいる家をそのまま借り続けたり、持ち家の人はローンを払い続けても良いんですけど、
それは余計な出費かなと感じたので、そういう余計なものは取っ払っちゃった方が
身軽で動きやすいです。
(*実家にお世話になれない、お世話になりたくない人は仕方がありませんが…。)


あとは、ちょろっと聞いた話によると
いくらか払うと住所をおけるシステム?とかもあったりする見たいなので、気になる方は調べてみてください。
ポケットレジデンスレンタル住所・私書箱サービスといったものになります。

各種手続き

次は、
「各種手続き」
です。

これは先ほどの引っ越しとも関係してきます。
市役所や郵便局、銀行などに行く諸々の手続きです。

どんなものかを詳しく挙げると、
住民票や免許、保険(国民健康保険(任意継続or国保に切り替え)、生命保険、個人年金、国民年金)などです。

この辺の詳しい説明は、僕たちが説明することでもないと思うので省かせていただきます。

車を買う

そして、やっと!
「車を買う」
になります。

現時点で車を持っている人は不要なことかもしれません。

僕たち夫婦も車を持っていたんですが、軽自動車だったので、思い切って買い替えました!

で、買ったクルマはいすゞのCOMO(コモ)という車です。

名前だけ聞いてピン!と来る方がいたら相当車が好きな方ですね。
僕も結構車好きですが知りませんでした。


いすゞっていうと、だいたいの方が1番最初に思いつくのはトラックなんじゃないでしょうか。
普段から気にして見てないと、いすゞの乗用車ってあまり目につかないんですよね。

最初はハイエースにしようと探していたんですか、
古いものでも全然値が落ちていないのと、バンライフ=ハイエースってイメージがついているので、面白くないなと。
そして、人と被るのがイヤなのでコモというクルマに決めました!


まあ言うても、形は日産のキャラバンと同じです!
いすゞが出してるか、日産が出しているかの違いしかありません。

けど、メーカーが違うだけで
名前が可愛らしくなるので、かなり気に入っています。
ちなみに、愛称は「コモちゃん」です。

私たちのクルマについて詳しく知りたい方は、
こちらのブログを合わせてご覧ください。

話を戻して、
バンライフする時の車って、その人の目的によってかなり変わってきます。

1人なのか、2人なのか、もっと大人数なのか。

1人だったら、僕は間違いなく軽バンを選びます。
小回り聞くし、税金や車体も他と比べたら安いし、いじりがいがあるので。


あとは、キャンピングカーの選択っていうのもありだと思います。
すぐに車で生活をしていくに特化出来ているかなと。

ただ、これも一長一短で
キャンピングカーだとデカいし、重いんです!
日本だとキャンピングカーってかなり不向きで、通れない道とか、停められない駐車場とか出てくるので、大変です。
(北海道は逆にキャンピングカーかそれより大きなバスコンの方が主流かもしれません。)

今は軽キャンピングカーとかも出てるので、色々見に行って、しっかり吟味するとイイですね。


伝え忘れましたが、クルマを買うには車庫証明が必要になります。
これがないと車は買えないので注意してくださいね!

僕たちは実家に空き駐車場があったので、そこで取りました。


そういった場所がない方の車庫証明を取る方法としては、お金はかかりますが月極駐車場を借りることになると思います。
毎月の地味な出費になってしまいますが、駐車場がない場合は仕方ないです。

なので、気軽にバンライフを実現していくためには
このあたりの整備っていうのも、今後の課題なのかなと感じてます。

おすすめは中古車を購入する!

僕たちは、このコモを中古車で買いました。もし僕たちと同様に、「車中泊やバンライフができる車を欲しい」と考えている場合、まずは中古車で十分だと思います。

ぼくたちは、このコモを普通にネットで検索して買いました!
地元にある中古車販売店をいろいろ回っても良いんですが、スマホで探すのが1番楽ですし、比較もしやすいのでオススメです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

で、車の購入と合わせて
「車の保険加入」というものもあります。

僕たちは中古車を買ったので、自賠責保険は元々入ってあった状態でした。
で、任意保険は前の車から継続しています。

中古車の場合はガチガチに保険組まなくても良いんじゃないかと思う反面、
毎日車で生活しているので、事故に遭う確率は高くなるので、
しっかりつけといた方が良いとも思うし...

まあやっぱりこの辺は、自分の予算と考え方の問題ですね。

僕自身は保険って考え方が好きじゃないので、必要最低限にしています。
あるかもしれない!ってのにお金払うのはなんかちょっと。って感じなんですよね。

まず自分で気をつけられることはしっかり気をつけて、それでも対応出来ないことだけに保険をかけているといった感じです。


「保険スクエアbang! 自動車保険」の自動車保険の「一括見積り」を活用することで、各社の保険料を簡単に比較することができます。
この機会に、自動車保険の見直しを検討してみてはいかがでしょうか?

「保険スクエアbang!」自動車保険一括見積もり【無料】

「車のDIY」

次は、
「車のDIY」
をしました。

で、ぶっちゃけやってもやらなくてもって感じです。

僕たちは、コロナウィルスの影響で、出発が延期になり時間があったのでやりました。
一応、断熱とか防音、制振とか色々やったんですけど、イマイチ効果はわかりません。

そもそも車をいじったことがない素人ができるDIYなんてたかが知れてます。
流行ってるので、ちょっといじってみた!って感じです。

そもそもDIYしたくても、道具がなかったり、場所がなかったりするので。

それよりも、先にあれこれ準備して考えるより、
まず車で生活・バンライフしてみて、色々付け足していく方が絶対良いですね。
やってみないとわからないことが多すぎます。

車中泊やバンライフなんて、最初は必要な荷物ボーン!布団orベッドをドンっ!て載せればあとはなんとかなっちゃいます。
僕たちが住んでいるのは、なんでも揃った日本
なので、それで苦労するなんてことはまずないですね。


けど、一応自分たちなりに調べてDIYを実践してみたんで
気になる方は、こちらのブログをみてもらえればと思います。

▼断熱や制振はこちら▼

▼車内の塗装はこちら▼

▼ベッドおよび収納はこちら▼

荷物の厳選

で、次は
「荷物の厳選」
になります。

これも先ほど同様で
バンライフをしたことない人が、あれこれ考えて準備しても
あんまり意味ないです。


それよりも、まずはやってみた方が、自分に必要なものがわかってくるんじゃないでしょうか。

ただ、そうは言っても
実際に何をどんな感じで準備したら良いのかわからない人は、
近いうちに動画やブログにしてみなさんにシェアーしていくので、かなかず夫婦をチャンネル登録やブックマークしといてもらえればと思います!


で、厳選はどちらかと言うと、
バンライフには持っていかない「あまりの荷物をどこに置いておくか」が重要になってきます。

全部クルマに積んでしまえば問題ないですが、なかなかそうはいきません。
かと言って必要のないもの全部売れるかって言うとそれも難しいところです。

なので、置いとくにしても少ない方が身軽で動きやすいので、売るなりあげるなりして、処分しましょう。

車生活の練習

最後は
「車生活の練習」
になります。

実際に車で生活していけるのか、適正を見るためにも練習は必要です。

1日くらいは、人って耐えられる思うので、仕事終わりの金曜の夜から月曜の朝まで、とか
長期休み、お盆とかお正月の間中やって見るとか、ご自身で期間を設けて練習してみてください。

内容としては、実際に車で寝ることはもちろん、起きて顔洗って、料理して、ご飯食べて、車中泊スポットに移動して、作業や仕事して・・・。
こういう当たり前の生活をやってみるのがいいです。

それでやってみて無理だなと感じたら、バンライフは諦めればいいですし、別の方法でバンライフが出来ないかどうか考えていくだけですから。


考えるよりもまず行動です!
行動しながら考えるのが1番ベストですよ!!

まとめ

はい!ということで、いかがでしたでしょうか。

今回のはあくまでも私たちの例です。
特に調べたりとかしたわけではなく、すべて実体験です。

なので、参考になるかどうかはわかりませんが
この記事を読んでいただいた方の手助けになることが僕たちは嬉しいです。


僕たちはこれからも自分たちの体験・経験を通して
バンライフのことについて発信していきますので、
私たちのこれからが気になる方は、各種SNSのフォローやチャンネル登録していただけると嬉しいです。
TwitterInstagramYouTubePodcast


最後に、
今よりもっともーっとバンライフする人が増えて、仲間が増えていくのを期待しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

スポンサーリンク

-車中泊の豆知識/コツ

© 2021 車中泊・バンライフ・旅の情報ブログ