車中泊グッズ・アイテム

車中泊におすすめのドライブレコーダーBest 3!選び方の3のポイント【機能や価格も紹介】

最近流行りの車中泊やバンライフ。

車中泊やバンライフしてみたいけど、「トラブルにあったらどうしよう」と心配で実行に移せない人が多いです。

ドライブレコーダーがあれば、車に関するトラブルを回避・予防できるよ!

かずき

ドライブレコーダーは、運転中の映像を記録・保存してくれるカー商品です。

ドライブレコーダーがあれば、安心で安全な車中泊やバンライフを送ることができます。

この記事は、「どのドライブレコーダーを付けたらいいのか」悩んでいる人におすすめの記事です。

  • ドライブレコーダーってどんな種類があるの?
  • 選び方のポイントが知りたい!
  • 安心して車中泊できるようになりたい!

ドライブレコーダーは、防犯面や事故防止に役に立ちます。

かなき

私たちは、車中泊旅を始めるタイミングで、ドライブレコーダーを設置したよ!

車中泊やバンライフをする上で、車関係のトラブルが心配な人は、ドライブレコーダーを設置することをおすすめします。

今回は、実際に470日以上、車中泊旅をしている私たち【かなかず夫婦】(@kanakazu_fufu)が『おすすめのドライブレコーダーと選び方のポイント』を紹介します。

記事の内容

  • ドライブレコーダーとは
  • ドライブレコーダーの選び方のポイント
  • 車中泊におすすめのドライブレコーダー【3選】

ドライブレコーダーには、さまざまな種類があります。

この記事を読めば、自分の希望に合ったドライブレコーダーを選ぶことができます。

ドライブレコーダーを設置して、安心安全な車中泊・バンライフにしてくださいね♪

合わせて読みたい記事

はじめての車中泊旅・バンライフでは、不安なことが多いでしょう。

安全に快適に旅をするために、事前にすべきことをまとめました!

事前にすべきことを抑えて、安心で快適な車中泊旅・バンライフを送ってくださいね♪

【車中泊におすすめ】ドライブレコーダーとは

ドライブレコーダーとは、車載型の映像記録装置です。

主に、時刻、位置、加速度などを記録できる機種が一般的で、ドライブレコーダーが記録した映像を見直すことで、運転者の特性を把握することができます。

ドライブレコーダーの映像は、主に事故が起こったときの状況証拠として利用されるよ!

かずき

毎日車に乗る人、車中心の生活をしている人、車中泊旅の人などに、ドライブレコーダーはおすすめです。

事故の被害者や加害者にもなり得るので、万が一のためにもドライブレコーダーを設置しておきましょう。

かなき

ドライブレコーダーには、さまざまな種類があるよ!

用途に合わせて、ドライブレコーダーを選んでくださいね。

車に関する事故は、日本のどこかで毎日起きています。
自分の身を守るためにも、ドライブレコーダーは必要不可欠です。

ドライブレコーダーのメリット・デメリットが知りたい人は、コチラの記事をどうぞ▼

【車中泊におすすめ】ドライブレコーダーの選び方

商品を選ぶとき、価格や機能を比べて購入する人が多いでしょう。

機能性の高い商品を購入しても使いこなせなくて失敗した、という経験をよく聞くね。

かずき

機能性の高い商品を選びたくなりますが、自分にとって必要な機能がついている商品を選ぶことが大切です。

選び方のポイントを抑えれば、自分の希望に合ったドライブレコーダーを選択できます。

ドライブレコーダーの選び方

  • 画質:解像度や画素数
  • レンズの画角
  • 機能面

ドライブレコーダーの選び方のポイントについて詳しく解説していきます。

ドライブレコーダーの選び方①画質

ドライブレコーダーの映像は、事故やあおり運転の証拠として使用されることが多いです。

せっかく証拠を抑えても、画質が悪くて、犯人を特定できない場合があるよ!

かずき

明確な証拠になるように、できるだけ画質の良いドライブレコーダーを選びましょう。

画質は、「解像度」と「画素数」で表記されています。

目安として、解像度は「フルHD(1920×1080)」、画素数は「200万画素以上」の商品を選ぶのがおすすめです。

かなき

画質が悪かったら、記録している意味がないんだね…

画素数が大きいほど、細かな部分まで記録することができます。

ドライブレコーダーを選ぶ際には、解像度と画素数を忘れずにチェックしてください。

ドライブレコーダーの選び方②画角

ドライブレコーダーは、商品によって、録画できる範囲が異なります。

自分のほしい映像が撮れるドライブレコーダーを選ぼう!

かずき

ドライブレコーダーのカメラには、さまざまなタイプがあります。

カメラのタイプ

  • フロントカメラ搭載タイプ
    前方のカメラのみのドライブレコーダー

  • 前後方2カメラ搭載タイプ
    前方と後方にある2つのカメラで撮影可能
    後方からの追突事故やあおり運転を記録できる

  • 360度カメラ搭載タイプ
    360度、車両の周囲を撮影できる
    幅寄せや横からの割り込みなど、側方にも対応可能

「どこの映像を撮っておきたいか」によって、ドライブレコーダーを選びましょう。

画角は水平「100度以上」のものがおすすめ

ドライブレコーダーは、撮影できる画角が広いものほど安心です。

事故は必ず真正面で起きるとは限らないよ!

かずき

画角が広いカメラなら、撮影範囲が広いので、斜めから当てられた場合でも撮影が可能です。

ドライブレコーダーを設置していても画角が狭いと、記録できていない可能性があります。

かなき

ちゃんと記録できているという安心感がほしいなら、画角が広いドライブレコーダーを選んだほうがいいんだね!

ドライブレコーダーの選び方③機能

ドライブレコーダーの主な機能は、運転中の録画・保存です。

そのほかにも、さまざまな機能があります。

車中泊には、駐車録画機能がおすすめ!

かずき

一般的なドライブレコーダーは、運転中(エンジンがかかっているとき)のみ、録画されています。
駐車中は、録画されません。

しかし、駐車録画機能があれば、駐車中も録画することが可能です。

駐車録画機能のメリット

  • 当て逃げの証拠/防止
  • 車上荒らしの証拠/防止
  • 車両へのいたずらの防止

駐車録画機能があれば、防犯面の向上につながります。

ドライブレコーダーには、ほかにも、加速度センサー機能や安全運転サポート機能、GPS受信・データ記録機能などがあります。

自分の希望に合った機能が付いているドライブレコーダーを選びましょう。

車中泊におすすめのドライブレコーダーBest3

安心で安全な車中泊旅・バンライフにするためには、ドライブレコーダーが必要不可欠です。

自分の身を守るためにも、車を守るためにも、ドライブレコーダーを設置したほうがいいよ!

かずき

今回は、車中泊におすすめのドライブレコーダーを紹介します。

おすすめのドライブレコーダー

  • 日本ライティング
  • COMTEC:コムテック
  • 液晶王国

それぞれのドライブレコーダーについて詳しく紹介していきます。

コチラの記事で車中泊旅にドライブレコーダーの必要性について解説しています▼

車中泊におすすめのドライブレコーダー①日本ライティング

日本ライティングは、日本国内に工場を構え、カーパーツを中心に製造・販売をおこなっている会社です。

【日本ライティングの特徴】

  • 日本工場で製造している
  • ディーラーオプションに採用された経歴あり

日本ライティングのドライブレコーダーは、前後方2カメラタイプになります。

カメラは、フロントとリアの前後セットで、取り付けは簡単です。

超小型のドライブレコーダーだから、視界の邪魔にならないよ!

かずき
かなき

カメラは、ルームミラーに隠れるほどコンパクト!

取り付けが自分でできれば、費用はドライブレコーダー本体代のみです。

ドライブレコーダーのスペック

  • フルHD(1080P)
  • 200万画素
  • 白飛び防止機能付き
  • LED信号対応
  • 32GB microSD付属
  • 衝撃検知機能:Gセンサー搭載
  • 2年保証

ドライブレコーダーを購入する際は、自分が必要としている機能があるかどうか、しっかり確認しましょう。

日本ライティング公式サイトはこちら

車中泊におすすめのドライブレコーダー②COMTEC:コムテック

コムテックは、環境や使用状況など、日本の車社会の対応した製品設計・開発をおこなっています。

前後方2カメラタイプや360度全方位を記録してくれるドライブレコーダー、無線LAN搭載でスマートフォンと連携が撮れる商品など、さまざまなタイプが販売されています。

おすすめは、360度全方向記録してくれるドライブレコーダーです!

かずき

360度対応しているドライブレコーダーHDR361GWは、さまざまな機能が搭載されています。

ドライブレコーダーHDR361GW

  • 解像度:メイン:1856×1856(前後左右360度を記録)
        後方:フルHD1920×1080
  • 360度全方位を記録
  • 速度も記録できるGPS搭載
  • LED信号に対応
  • ノイズ対策済み
  • 32GB microSD付属
  • Gセンサー搭載
  • 安心の日本製
  • 駐車監視機能(オプション)
  • 3年保証

車中泊で防犯面を強化するのであれば、駐車監視機能(駐車録画)は欠かせません!

かなき

走行中だけでなく、駐車中にも録画したい場合は、駐車録画機能があるドライブレコーダーを選ぼう!

コムテックの商品を公式サイトで購入すると、うれしいサービス付きです。

ポイント

2万円のお見舞い金補償サービス付

事故にあった際、お見舞い金として登録から1年間、一律2万円を補償する「補償サービス」が付いています。

機能が充実していると、費用が高くなりますが、事故や防犯面の予防・証拠になるなど、メリットが多数あります。

安心で安全な車中泊にしたいのであれば、機能性の高いドライブレコーダーを選択するといいですよ。

COMTEC公式サイトはこちら

車中泊におすすめのドライブレコーダー③液晶王国

液晶王国は、ドライブレコーダーや車載モニター、カー用品の通販サイトです。

工場で厳しい検査をしてから、出荷されています。

厳しく検査することで、トラブルを未然に防いでいるよ!

かずき

液晶王国のドライブレコーダーは、ルームミラー型が多いです。

ルームミラー型のドライブレコーダーなら、視界の邪魔になることがありません。

おすすめは、ドライブレコーダー搭載デジタルインテリジェントミラーです。

ドライブレコーダーのスペック

  • フルHD(1920×1080)
  • 約200万画素
  • レンズ視野角:120度
  • ルームミラー型
  • 常時録画可能
  • 後退時にバックカメラに接続可能
  • Gセンサー搭載
  • 1年保証

液晶王国には、ほかにも、水平360度パノラマ録画できるドライブレコーダーもあります。

かなき

360度パノラマ録画の商品は、駐車監視モード(駐車録画機能)もついているよ!

商品によって機能が異なるので、費用だけでなく機能性のチェックを忘れずにしてくださいね。

液晶王国の公式サイトはこちら

ドライブレコーダーを設置して安心安全な車中泊旅にしよう!

車中心の生活をしていると、交通事故や車上荒らしなど、車関係のトラブルのリスクが高まります。

そのリスクを軽減するために必要なのが、ドライブレコーダーです。

ドライブレコーダーはトラブル防止にも、トラブルが発生したときにも役に立つよ!

かずき

事故やトラブルが起きてから「ドライブレコーダーを取り付けておけばよかった」と後悔しては遅いです。

ドライブレコーダーは、1~2万円もあれば設置できます

かなき

1〜2万円でトラブルを回避・対処できるなら、安いね!

事故の証拠や旅の思い出、あおり運転や危険運転の防止になると考えれば、ドライブレコーダーは必要不可欠なカー商品です。

ドライブレコーダーを設置して、安心で安全な車中泊旅にしてくださいね♪

スポンサーリンク

-車中泊グッズ・アイテム