車中泊グッズ・アイテム

ドライブレコーダーって車中泊に必要?【安心安全な車旅】

車社会の現代では、車に関するトラブルが多発しています。

かなき

車中心の生活をしている車中泊旅では、トラブルに巻き込まれるリスクがさらに高くなるよ!

車に関するトラブルを回避・予防するために役に立つアイテムが、ドライブレコーダーです。

ドライブレコーダーを設置したいけど、こんな悩みを持っている人も多いです。

  • ドライブレコーダーの設置って大変そう…
  • どのタイプのドライブレコーダーがいいのかな?
  • 運転中にドライブレコーダーが視界に入って邪魔になりそう!

ドライブレコーダーは、車社会の現代で必要不可欠なカー商品です。

ドライブレコーダーは、交通事故やあおり運転など、車関係のトラブルの際に役に立つアイテムだよ!

かずき

特に、ドライブレコーダーは、車中心の生活になる車中泊やバンライフに、おすすめのアイテムです。

今回は、実際に470日以上、車中泊旅をしている私たち【かなかず夫婦】(@kanakazu_fufu)が『車中泊旅にドライブレコーダーが必要な理由』を解説します。

記事の内容

  • ドライブレコーダーとは
  • ドライブレコーダーの種類
  • 車中泊旅にドライブレコーダーが必要な理由

この記事を読めば、車中泊旅にドライブレコーダーの必要性がわかります。

ドライブレコーダーを取り付けて、安心で安全な車中泊旅を送ってくださいね♪

合わせて読みたい記事

はじめての車中泊旅・バンライフでは、不安なことが多いでしょう。

安全に快適に旅をするために、事前にすべきことをまとめました!

事前にすべきことを抑えて、安心で快適な車中泊旅・バンライフを送ってくださいね♪

【車中泊旅におすすめ】ドライブレコーダーとは

ドライブレコーダーとは、車載型の映像記録装置です。

主に、時刻・位置・加速度などを記録できる機種が一般的で、ドライブレコーダーが記録した映像を見直すことで、運転者の特性を把握することができます。

ドライブレコーダーの映像は、主にトラブルが起きたときに役に立つよ!

かずき

毎日車に乗る人や車中心の生活をしている人、車中泊旅をしている人などに、ドライブレコーダーはおすすめです。

車を運転していると、交通事故の被害者や加害者にもなり得るので、万が一のためにもドライブレコーダーを設置しておきましょう。

ドライブレコーダーには、さまざまな種類があります。

ドライブレコーダーの種類

  • ルームミラー装着型
  • カメラ分離型:カメラと本体が別々になっている
  • カメラ一体型

ルームミラーと一体になったドライブレコーダーもあります。

かなき

ドライブレコーダーは、機能も商品によって違うよ!

ドライブレコーダーに搭載されているカメラの種類も異なります。

ドライブレコーダーに搭載されているカメラの種類

  • フロントカメラ搭載タイプ
  • 前後方2カメラ搭載タイプ
  • 360度カメラ搭載タイプ

ドライブレコーダーのカメラ搭載タイプについて解説していきます。

どのドライブレコーダーにしようか悩んでいる人は、こちらの記事がおすすめです▼

ドライブレコーダーのカメラの種類①フロントカメラ搭載タイプ

フロントカメラ搭載タイプは、ドライブレコーダーのカメラが前方向のみ、搭載されているタイプです。

ドライブレコーダーといえば、フロントカメラ搭載のタイプだよ!

かずき

撮影できる範囲は、車の前方のみになります。

フロントカメラのメリット

  • 価格が安価
  • 取り付けが簡単

ドライブレコーダーの取り付けに費用がかかりますが、自分で取り付けることができるば、費用を抑えることができます。

かなき

フロントカメラのタイプは取り付けが簡単だから、自分で取り付けられるね!

フロントカメラでは、限られた映像しか、撮影することができません。

あおり運転や事故の状況によっては、証拠映像を撮影できないケースもあります。

ドライブレコーダーのカメラの種類②前後方2カメラ搭載タイプ

前後方2カメラ搭載タイプは、フロントカメラに加え、車両の後方を撮影するカメラ(リアカメラ)を搭載したタイプです。

フロントカメラとリアカメラ、車にカメラが2台付くよ!

かずき

事故は、車両の前方だけで起こるわけではありません。

リアカメラが付くことで、車両後方の事故やトラブルにも対応できます。

前後方2カメラのメリット

  • 車両後方の映像が記録できる
  • あおり運転を防止できる

車両後方の映像を撮影していることが、後方を走行している車両に伝わると、あおり運転の抑止力にもなります。

前後方2カメラ搭載タイプのドライブレコーダーは、カメラが2台あり、取り付け方法も難しくなるため、トータルの費用が高くなります。

ドライブレコーダーのカメラの種類③360度カメラ搭載タイプ

360度カメラ搭載タイプは、水平方向に360度見渡せる、特殊なカメラを搭載したドライブレコーダーになります。

前後だけでなく、側方の映像も撮影できる!

かずき

360度カメラ搭載タイプのドライブレコーダーは、上記2タイプとは異なり、車の周囲も確認することができます。

360度カメラのメリット

  • 側方からの事故状況も撮影できる
  • 幅寄せやドアパンチなどの当て逃げにも対応可能

カメラ自体は、フロント部分に設置されているため、取り付けは簡単です。

しかし、360度カメラ搭載タイプのドライブレコーダーは機能が高いため、費用は高くなります。

360度カメラ搭載タイプのドライブレコーダーはココをチェック

\液晶王国公式サイト/

車中泊旅にドライブレコーダーは必要!

車中心の生活になる『車中泊』では、車に関するトラブルに巻き込まれるリスクが高くなります。

万が一のためにも、ドライブレコーダーを設置したほうが安心だよ!

かずき

ドライブレコーダーの映像が事故に合ったときの証拠になるだけでなく、ドライブレコーダーを設置するだけで防犯面の強化にもつながります。

特に、車中泊をする人には、ドライブレコーダーがおすすめです。

ドライブレコーダーの必要性

  • 駐車録画機能付きカメラで安全な車中泊になる
  • あおり運転の防止や証拠になる
  • 事故の証拠映像が撮れる

車中泊にドライブレコーダーが必要な理由を解説していきます。

ドライブレコーダーのメリット&デメリットはコチラの記事をどうぞ

必要性①駐車録画機能付きカメラで安全な車中泊

一般的なドライブレコーダーは、運転中のみ録画する機能になっています。

車中泊には、駐車録画機能がおすすめだよ!

かずき

駐車録画機能があれば、駐車中も録画し続けることが可能です。

走行中のトラブルだけでなく、駐車中のトラブルも回避することができます。

かなき

防犯対策になれば、知らない土地でも安心して車中泊ができるよ!

駐車録画機能のメリット

  • 当て逃げされたときの記録になる
  • 車上荒らしの証拠/予防
  • 車両へのいたずらの証拠/予防

駐車中に万が一、事故や犯罪が起きた場合にも証拠映像があるので、すぐに対処することができます

また、駐車中も録画していることを第三者にわかるように掲示しておくと、車上荒らしや車両へのいたずらの抑止力にもなります。

自分の身を守るために、ドライブレコーダーが必要です。

必要性②あおり運転防止・証拠

近年、あおり運転が問題になっています。

車中泊旅をしていると、知らない土地や高速道路を走る機会が多くなります。

知らない土地や高速道路では、あおり運転に合う確率が上がります。

他県ナンバーをあおってくる地域もあるよ!

かずき

車中泊仕様車やキャンピングカーは、車内に多くの荷物が載っているため、通常時より丁寧な運転になりがちです。

丁寧な運転がじれったいのか、あおり運転をしてくる車もいます。

かなき

普通車を運転していたときより、あおり運転に遭遇する確率が高くなったよ…

ドライブレコーダーを設置しておけば、あおり運転の証拠映像を撮ることができるので、対処が可能です。

また、ドライブレコーダーで撮影していることを他者に見えるように掲示しておくと、あおり運転の防止にもなります。

あおり運転の映像をドライブレコーダーで撮影されてしまうと、自分に不利になると考え、あおり運転をしてこなくなります。

ほかの車の危険運転を防止するためにも、ドライブレコーダーが必要です。

必要性③事故の証拠

ドライブレコーダーの主な機能は、運転映像の記録・保存です。

運転映像の記録・保存ができれば、万が一、事故にあった場合に、事故の証拠として映像を使用することができます。

車中泊旅では、毎日車に乗っているため事故にあう確率が、高くなるよ!

かずき

ドライブレコーダーの映像があれば、事故が起きた際に、事故処理がスムーズに進みます。

また、事故当事者の証言だけでは不十分な場合にも、映像という客観的に確認できる証拠があると、信頼性が上がります。

ドライブレコーダーは、客観的に確認できる証拠として役に立ちます。

+α:安全運転への意識向上

ドライブレコーダーには、自分の運転も録画されます。

かなき

ドライブレコーダーがついていると、自分の運転を監視されている気分になるよ!

録画されているという緊張感から、自然と安全運転を意識するようになります。

また、自分の運転映像を確認することができます。

自分の運転の特性がわかるよ!

かずき

ドライブレコーダーの映像を見て、「自分の運転が危ない」と感じる場合は、運転の仕方を見直しましょう。

ドライブレコーダーは、自分の運転を見直す良い機会にもなります。

ドライブレコーダーを取り付けて安心安全な車中泊旅にしよう!

車中泊など車中心の生活をしていると、交通事故や車上荒らしなど、車関係のトラブルのリスクが高まります

そのリスクを軽減するために必要なのが、ドライブレコーダーです。

ドライブレコーダーはトラブル防止にも、トラブルが発生したときにも役に立つよ!

かずき

事故やトラブルが起きてから「ドライブレコーダーを取り付けておけばよかった」と後悔しては遅いです。

ドライブレコーダーは、1~2万円もあれば設置できます

かなき

1〜2万円で、トラブルを回避・対処できるなら、安いもんだね!

事故の証拠や旅の思い出、あおり運転や危険運転の防止になると考えれば、ドライブレコーダーは車中泊に必要不可欠なカー商品です。

ドライブレコーダーを取り付けて、安心で安全な車中泊にしましょう!

【車中泊旅におすすめ】液晶王国のドライブレコーダー

液晶王国のドライブレコーダーは、ルームミラー型が多いです。

ルームミラー型のドライブレコーダーなら、視界の邪魔になることがありません。

取り付けも簡単だから自分で設置できるよ!

かずき

液晶王国のおすすめポイント

  • ルームミラー型で視界を妨げない
  • 常時録画&高画質
  • 後退時にバックカメラに接続可能
  • 1年保証つき

液晶王国の商品には、360度カメラ搭載のドライブレコーダーもあります。

360度カメラ搭載のタイプには、駐車監視モード(駐車録画機能)もついています。

かなき

駐車録画機能がついていると、車中泊していても安心だね!

用途に合ったドライブレコーダーを選びましょう!

液晶王国の公式サイトはこちら

スポンサーリンク

-車中泊グッズ・アイテム