バンライフ

車中泊マットがあれば車内で快眠&熟睡できる!【おすすめ5選】

2021年5月26日

最近、車中泊やバンライフが流行っています。

今回は、こんな悩みや心配がある人におすすめの記事です。

こんな人におすすめ

  • 車内で爆睡できるか心配…。
  • 車で寝たら体や腰が痛くなりそう…。
  • 車中泊/バンライフの寝具はどうしたらいいの?

かなき

車内で快眠、熟睡するためには、寝具が重要だよ!

布団をそのまま持ち込んでもいいけど、かさばるな…。

車中泊・バンライフには、マットがおすすめ!

かずき

車内のスペースは、凸凹や傾斜があるため、何もしなければ就寝環境は最悪です。

そんなとき、車中泊マットがあれば、フラットになり寝心地の良い環境を作ることができます

車中泊マットがあると、程よい厚みとクッション性があり、体が痛くなることもありません。

今回は、実際に車中泊旅で日本一周をしている私たち【かなかず夫婦】(@kanakazu_fufu)が『おすすめの車中泊マット』を紹介していきます。

記事の内容

  • 車中泊マットの選び方のポイントがわかる!
  • おすすめの車中泊マット5選
  • 自分に合った車中泊マットを選択できるようになる!

この記事を読めば、自分のスタイルに合った車中泊マットを選ぶことができます。

お気に入りの車中泊マットを手に入れて、快適な車中泊にしてくださいね!

【車中泊マット】失敗しない選び方のポイント!

車中泊マットには、さまざまなタイプがあります。

自分で空気を入れるタイプや自動膨張タイプ、コンパクトに収納できるものから大きいものまでさまざまです。

かなき

いろんなタイプがあると、迷うね…。

マットによって、メリットやデメリットがあるよ。
車種や使い方に合わせてマットを選ぼう!

かずき

車中泊マットには、選び方のポイントがあります。

選び方のポイント

  1. 厚さや寝心地
  2. サイズや収納のしやすさ
  3. 準備の簡単さや手軽さ

選び方のポイントをひとつひとつ解説していきます。

選び方①厚さや寝心地

寝心地の良さは、マットの厚さで決まります。

かなき

マットが薄すぎると、腰や体が痛くなるよ…!

厚さは、10cm以上のマットがおすすめです。

ポイント

厚さが10cm以下だと、『底付き感』が生じてしまいます。

体が床に当たってしまい、体を痛めるリスクがあります。

体圧を分散させるためにも、10cm以上のマットを選ぶといいよ!

かずき

マットの上に寝袋やシュラフを使用する場合は、10cmよりも薄くても大丈夫です。

自分の使い方に合った厚さのマットを選びましょう。

参考

寝心地の良さは、マットの生地も重要です。
汚れにくい生地や肌触りの良い生地まで、種類はさまざま。

自分好みの生地を選ぶか、性能を取るかは自分次第です。

選び方②サイズや収納しやすさ

車中泊マットを購入するときは、サイズを事前に把握しておきましょう。

かなき

車内の就寝スペースよりもサイズの大きいマットを購入して、後悔することも…!

サイズが小さすぎても、自分の体に合いません。

車内の広さ、自分の体の大きさを考慮して、車中泊マットを選びましょう。

車中泊ではスペースが限られているから、マットの収納しやすさも大事だよ!

かずき

車内でも邪魔にならない、コンパクトに収納できるマットがおすすめです。

選び方③準備の簡単さや手軽さ

すぐに眠れるよう、できるだけ準備が簡単なマットがおすすめです。

かなき

短時間で準備できるマットが便利だよ!

自動膨張式は、バルブを開くだけで自動で膨らむので、準備が簡単です。

エアーポンプなどで空気を送り込まなければいけない場合は、手間や時間もかかります。

待っていれば、自然に膨らむ方が楽ちん!

かずき

自動膨張式であれば、空気入れを用意しなくて済むのも嬉しいポイントです。

注意点

マットを選ぶとき、断熱性能も見ておきましょう。
地面からの冷気で、車内は底冷えがすごいです。

冬季に車中泊する予定のある人は、断熱性能も忘れずに確認してくださいね!

快眠できる車中泊マット!おすすめ5選

車中泊マットは、機能性や価格がさまざまです。
機能や価格を考慮して、おすすめの車中泊マットを5つ選出しました!

かなき

自分の車中泊スタイルに合うマットを選ぼう!

おすすめの車中泊マット

  1. フィールドア
  2. オンリースタイル
  3. アイリスオーヤマ
  4. コールマン
  5. IREGRO

それぞれ、詳しく紹介します。

コスパ最強!?フィールドアの車中泊マット

フィールドアは、コスパに優れたアイテムが多いです。

料金:4,400〜12,100円
*厚さや大きさによって、異なります。

厚さは、5cmと10cmがあります。

かなき

サイズは、S・M・Lの3種類!

フィールドアの車中泊マットは、ボタンで連結できるようになっています。

連結することで、マットのズレが防げるよ!

かずき

カラーは、ブラウン・ブラック・カーキ(Sサイズのみ)の3種類です。

車の内装に合わせやすいカラー展開になっています。

お手入れしやすい生地で、汚れてもサッと拭き取ることができます。

ポイント

セッティングは、バルブを開くだけで自動で膨らむので、簡単です。
収納時は、薄くコンパクトになるため、かさばりません。

車中泊でもキャンプでも、急な来客用のマットとしても利用できる優れものです!

口コミ1位の経験も!オンリースタイルの車中泊専用マット

オンリースタイルは、車中泊を快適にするグッズ&車中泊電源の専門店です。

オンリースタイルは、楽天をはじめとする各種通販サイトで、口コミ1位を獲得したこともあります。

かなき

さすが車中泊専門店!

寝心地にこだわり、厚さ10cmと適度な固さが人気の秘密です。

標準サイズとワイドサイズの2種類。

標準:約66cm×198cm
ワイド:約100cm×198cm
厚さは両サイズとも約10cm

サイズが合わなくても、強力マジックテープで複数枚が簡単に連結可能で、連結部分も気になりません。

セッティングは、空気バルブを開くだけなので簡単です!

約5分間で快適な固さに膨らむよ!

かずき

体が沈み込みすぎないので、腰に負担がかかりにくくなっています。

オンリースタイルの車中泊マットは、リバーシブルなので、オールシーズン使用可能です。

ポイント

表面は夏用でサラサラ生地、裏面は冬用で温かなスエード生地になっています。

ノンスリップ生地により、滑り止め効果もあります。

重さは3.2kg、収納時の直径は20cmで、軽くコンパクトなところも魅力的です。

価格重視の方におすすめ!アイリスオーヤマの車中泊マット

アイリスオーヤマの車中泊マットは、費用を安く抑えたい人におすすめです。

車中泊マットの厚さは、3.8cmと5.8cmがあります。

サイズ:65cm×190cm
収納時:32cm×20cm
重さ:1.3kg

かなき

ボタン付きで連結が可能だよ!

適度な反発で寝返りがしやすく、高密度ウレタンが体をしっかり支えます。

バルブを開き、約5分でセッティングすることができます。

自動で膨らむよ!

かずき

ポイント

息を吹き込むと硬めに、空気を抜くと柔らかめに、マットの調節が可能です。
好みの硬さで利用できます。

お手頃価格なので、費用を重視する人におすすめです。

驚きの厚さ!コールマンの車中泊マット

コールマンは、上記3種類とは異なる、『エアーベッド』タイプの車中泊マットです。

「アドベンチャー エクストラデュラブルエアーベッド」は、厚さがなんと20cmもあります!

かなき

車内にフカフカのベッドが設置できるよ♪

厚さが20cmもあるので、段差や凸凹を解消して、フラットな状態で快眠することができます。

サイズは、シングルとダブルの2つです。

大きさの違い

  • シングル
    使用時:約185×97×20cm
    重さ :2.1kg
  • ダブル
    使用時:約185×135×20cm
    重量 :約2.5kg

生地は伸びにくく、破れにくい素材でできています。

自動膨張式ではないので、エアーポンプが必要です。

サイズが大きいから、空気の出し入れが大変かも…。

かずき

セッティングと収納時の作業がやや手間なのが、デメリットです。

シングルの価格:税込6,980円

値段や手間よりも、寝心地を重視している人におすすめの車中泊マットです。

快適な車旅を!IREGROの車中泊マット

IREGROの車中泊マットは、大きめのサイズです。
厚さは、12cmもあり、寝心地は問題ありません。

ポイント

展開時:約180×128×12cm
収納時:約30×25×10cm
重さ :3.5kg
カラー:ダークブルー/レイクブルー

3段分割のデザインで、3つの部分は、空気弁が独立しています。

かなき

別々に膨らませることができるよ!

自動膨張式ではありませんが、電動ポンプが付属でついてきます

電動ポンプの電源は、車のシガーソケットから電気を取ることができます。
数分で膨らみます。

使用しないときは、空気を抜いて、付属の袋に収納しておくとコンパクトになります。

厚さも大きさも申し分ない、車中泊マットです。

【実際に使用中】ふとんファクトリーの車中泊マット

ふとんファクトリーの車中泊マット

ふとんファクトリーはすべてにこだわっており、商品企画から発送まで一貫してプロデュースしています。

1966年設立以来、日本国内生産にこだわり続けている会社です。

「納得のいかない製品は市場に出さない」をモットーに、商品開発をおこなっています。

私たちが使用している車中泊布団は
車中泊ハイエース専用コンパクト敷布団

商品の情報

サイズ70cm×180cm
厚さ約8cm
総重量約3.0kg
カラーグレー
価格8,500円

かなき

私たちの車だと、2枚でピッタリ!

肌触りの良いスエード調の生地で、寝心地は最高!

専用バンドで布団をまとめられるので、収納も持ち運びも楽ちん!

ポイント

中の素材にこだわっているため、防ダニ・抗菌・防臭の機能つき
ダニを寄せ付けず、細菌の繁殖を防ぎ、嫌なにおいを防いでくれます。

なので、頻繁にお手入れしなくても大丈夫◎

車種によって車中泊のベッドサイズはさまざま。

サイズの合う車中泊マットがなくて、悩む人も…

ふとんファクトリーでは自分だけのオーダーメイドの布団を作ることが可能!

かずき
かなき

ジャストサイズのマットが作れるのは嬉しいね!

▼こちらから見積もりや納期を知ることができます
https://futonfactory.softr.app

車中泊のマット選びで後悔しないために…

就寝環境を整えるためにも、車中泊マットは必須アイテムです。

マットの質が悪いと、寝付けず、後悔します!

かなき

睡眠の質が悪いと、疲れが取れないよ…!

良質なマットひとつあれば、布団や寝袋がなくても、快眠や熟睡することができます。

厚さや寝心地に不安がある人は、布団や寝袋を持参しましょう。

車中泊マットは、キャンプのときにも活躍します。

マットなら車中泊の車内でもキャンプのテント内でも使える!

一石二鳥だよ!

かずき

快適な車中泊、バンライフにするために、自分好みの車中泊マットを選択してくださいね♪

スポンサーリンク

-バンライフ