車内改造/DIY

【自作キャンピングカー】車中泊仕様にDIY!床のフラット化と断熱方法をご紹介します!

2020年5月22日

今回は、床のフラット化と断熱方法を紹介します。
車中泊仕様に車をDIYしたい人、自作キャンピングカーを作成する予定のある人におすすめの記事です。

  • 車中泊仕様に車をDIYしたい!
  • 床をフラットにするにはどうすればいいの?
  • 自作キャンピングカーを作りたい!
かなき

車中泊するには、床のフラット化がおすすめ!

床をフラットにすると、生活空間が広がり、快適な環境になるよ!

かずき

車中泊仕様に車をDIYするには、荷室の床をフラット化すると同時に、断熱処理をすることをおすすめします。

断熱処理をしないと、冬場は底冷えがすごく、後悔することに…!

簡単にできる、床のフラット化と断熱処理の方法を紹介します。

記事の内容

  • 車中泊仕様のDIYについて
  • 床をフラットにする方法がわかる!
  • 床の断熱処理の方法がわかる!


車中泊仕様にDIYする方法は、YouTubeでも紹介しています。
動画で見たい方はこちらをどうぞ▽

この記事を読んで、車中泊する車内の環境を良くしていきましょう!

【自作キャンピングカー】車中泊仕様にDIY!床をフラットにするメリット!

  • 床を平らにしないといけないの?
  • 大掛かりじゃない?

床をフラットにするメリットはいくつかあります。

メリット

  • 生活空間が広くなる
  • 車内で生活しやすくなる
  • フラット化と一緒に断熱処理ができる


車内が平らでなければ、就寝もしにくく、料理や食事も取りにくいです。

かなき

床が凸凹していると、荷物の収納が大変だよ!

床が平らな方が、荷物の整理整頓も簡単にできます。

一緒に断熱処理もできちゃうのがいいね!

かずき

冬になると、床の底冷えがすごいです。
断熱処理をすることで、車内の環境が快適になります。

注意

断熱処理をしても、底冷えが完全になくなるというわけではありません。
今回紹介する方法は、最低限の断熱方法になります。

長期で車中泊の旅に出る、バンライフをするという人には、床のフラット化は必須です。

【自作キャンピングカー】床のフラット化&断熱処理に使用したアイテム!【車中泊DIY】

床のフラット化と断熱処理で使用したアイテムを紹介します。

見出しテキスト

  • 断熱材:スタイロフォーム
        東レペフのペフシート
  • 針葉樹合板:縦1820mm×横910mm×厚さ12mm 3枚
  • フロアシート
  • 鉛筆orペン:下書き用
  • カッターorハサミ
  • ジグソー
  • 木工用ボンド


断熱材は、断熱窓パネルに使用したスタイロフォームと、天井のデッドニングに使用した東レペフのペフシートの2種類を使用しました。

スタイロフォームは、厚さがあるよ!

ペフシートは、薄いし、加工しやすいよ。

かずき
かなき

私たちは、余ったもので代用!

しっかり断熱したい人は、新たに断熱材を用意したほうがいいよ!



針葉樹の合板は、床のパネルに使用します。
上に荷物や自分たちが乗ることを考え、厚めの板を選択しました。

注意

合板は、厚さや大きさによって、値段が違います。
防腐処理などがされていると、費用はさらに重みます。


床に合板だけでは、汚れたときに困ります。
なので、合板の上にフロアシートを被せます。

かなき

シートの種類が豊富で、雰囲気を自分好みに変えることができるよ!

撥水・防臭・防音・クッション性などの効果があるフロアシートがおすすめです。

インターネットで、1m単位で切り売りしています。

必要な分だけ購入することができるよ。

かずき

ネット販売で、サンプルを送ってくれるところもあります。

クッション性のあるフロアシートにすると、他にマットなどを敷く必要がありません。


合板を切るのに、ジグソーが必要です。

曲線があるので、ノコギリでは、カットできません。

チェック

ホームセンターで材木を購入すると、作業場をレンタルすることができる場合があります。
*有料です。

ジグソーがない人は、上記のようなサービスを利用してみましょう。


かかった費用は約12,000円です。

【自作キャンピングカー】車中泊仕様に!床のフラット化&断熱処理の方法を紹介!

床のフラット化と断熱処理の方法を紹介します。

床DIY手順

  1. 純正シートを使って型取り
  2. 型に合わせて材料をカット
  3. 合板に断熱材を貼る
  4. 床に合板とフロアシートを設置


手順は、単純ですが、材料のカットが大変です。
手順を詳しく紹介していきます。

【車中泊床DIY】手順①床の型取り

床の型取りは、純正シートを使います。

元々床に、純正シートが引いてあるよ。

それを剥がして使おう!

かずき

ポイント

純正シートがない場合は、新聞紙を使います。

新聞紙を荷室全体に広げると大変です。
パーツごとに型取りをし、セロハンテープで1つに繋げると1枚のシートになります。


合板を3枚並べ、その上に純正のシートを置きます。
下記のように、並べます。

シートを乗せたら、上から鉛筆で下書きをします。

簡単に型を取ることができます。


フロアシートも同様の方法で、型を取ります。

【車中泊床DIY】手順②下書きに合わせてカット

下書き通りに合板を切っていきます。


曲線を切るなら、ジグソーがオススメです。

合板が切れたら、一度床にはめてみましょう。

合板が床にはまらない場合は、微調整が必要です。

夫婦

私たちは、何回か微調整しました。


合板が終わったら、次はフロアシートです。
下書きに沿ってハサミかカッターで切ります。

かなき

クッション性のあるフロアシートは、厚みがあったため、カッターで切るといいよ。

これで、型取り終了です。

【車中泊床DIY】手順③合板に断熱材を貼る

合板の裏に断熱材を貼っていきます。
断熱材だけでは、強度に問題があるため根太(ねだ)をします。

根太(添え木)をしないと、凹む可能性があるよ。

かずき

根太は、全て同じ厚さの材木を使用しましょう。


根太を行う箇所は、4辺の端と中央部分、よく体重がかかる場所に設置します。

設置する位置を決めたら、木工用ボンドで接着します。

根太が貼れたら、その間に断熱材を貼っていきます。

注意

スタイロフォームは、セメダインスーパーXで貼ります。

アロンアルファなどの溶剤系の接着剤では、スチール系は溶けてしまいます


東レペフのペフシートは粘着付なので、接着剤いりません。


真っ直ぐ型取りできるところには、スタイロフォームを貼り、曲線や細かい部分にはペフシートを貼りました。


今回行った方法は、簡単な断熱処理になります。

【車中泊床DIY】手順④床に合板とフロアシートを設置

合板とフロアシートを車内に設置していきます。

まずは、合板から設置します。
その上にフロアシートを置きます。

かなき

ピッタリはまっていて、ズレもありません。


フロアシートは合板に置いただけで、貼り付けませんでした。

これで、フラットな床が完成です。

【自作キャンピングカー】床のフラット化&断熱処理は車中泊仕様に必須!

今回のDIYにかかった費用は約12,000円です。
*ジグソーやカッターなどの値段は含まれていません。

かかった時間は、3時間程度です。

かずき


車内の床を傷つけることなく、素人でも床のフラット化、断熱ができます。
床をフラットにし、断熱することで、快適な


スポンサーリンク

-車内改造/DIY

© 2021 車中泊・バンライフ・旅の情報ブログ