医療職の働き方

【理学療法士】転職で失敗する人の特徴5選|対策方法と注意点を解説

2022年5月24日

理学療法士なら、誰でも一度は考える転職

すべての人が、転職で失敗したくないと考えています。

しかし、それでも失敗してしまう方が多いのが現実です。

転職に失敗してしまう人には特徴があるよ!

かずき

転職に失敗するほとんどの原因が

  • 情報収集不足
  • 転職条件を整理できていない

この2点です。

事前に転職で失敗する原因がわかれば、転職で失敗や後悔することはありません!

そこで今回は、理学療法士として5年勤務した私たち【かなかず夫婦】(@kanakazu_fufu)が「転職で失敗する人の特徴と失敗しないための対策」を紹介します。

この記事でわかること

  • 転職で失敗する原因
  • 失敗しやすい理学療法士の特徴
  • 失敗しないための対策

この記事を読んで対策方法を実践すれば、あなたの転職は成功します!

転職に不安を抱いている方、絶対に転職で失敗したくない方は、この記事を参考にしてくださいね。

理学療法士でよくある転職の失敗例

理学療法士で「転職に失敗した」という声をよく聞きます。

転職で失敗しないためにも、まずは理学療法士でよくある転職の失敗例をみていきましょう。

転職の失敗例

  • 給料が安い
  • 労働時間が長い
  • 休みが取りにくい
  • 人間関係が悪い
  • 誰にも相談せずに決める

よくある転職の失敗例を把握しておけば、失敗や後悔を防ぐことができます。

転職失敗例①給料が安い

「給料が低い」という理由で転職を検討する理学療法士が多いです。

給料面を重視して転職したはずなのに、それでも給料面で失敗する方もいます。

  • 月給は良いけど賞与が少ないから、年収は前職場よりも低くなってしまった
  • 昇給額が低い!
  • 給料はいいけど手当が少ない…

だいたいの方が基本給は確認しますが、賞与や昇給額、手当まで詳しく確認する方は少ないです。

特に、昇給額や手当を見落としがち

手当の種類

  • 交通手当
  • 住宅手当
  • 役職手当
  • 家族手当(扶養)
  • 資格手当

昇給額は今後の給料に響きますし、手当も毎月もらえるとなると、トータルの金額に大きな差が生まれます。

注意点

残業代も給料に大きく影響します。

サービス残業が当たり前、残業代を申告しにくいなどブラックな職場もあるので注意が必要です。

最初は転職して良かったと思えても、数年後に後悔することも…

生活する上でお金はなくてはならないもの。

給料体系や手当など金銭面に関わる条件は、細かいところまでしっかり確認しましょう。

職場に対する不満が給料しかないという方には、こちらの「給料をアップさせる3つの方法」を解説している記事がおすすめです▼

不満があればすぐに退職・転職するのではなく、自分で対処できることは自力で解消してみましょう!

転職失敗例②職場環境が悪い

プライベートの時間を確保できず、転職で失敗する理学療法士もいます。

  • 通勤に時間がかかる
  • 残業ばかり
  • 時間外の勉強会が強制

雇用条件も大切ですが、働きやすさも大切です。

気にしない方も多いですが、働く上では「通勤時間」も重要。

通勤時間が長いと、疲れもストレスも溜まり、離職の原因になることも…

かずき

さらに、残業ばかりの職場でプライベートな時間を確保できないと、ストレスを解消する時間もなくなってしまいます。

かなき

転職するときは条件だけじゃなくて、働く環境も確認する必要があるよ!

理学療法士や看護師などの医療業界では、日々の勉強が大切。

勉強会には絶対に参加しなければいけないという風潮があります。

勤務時間内ならいいのですが、時間外の勉強会が強制という職場も存在します。

かなき

休日返上で勉強会に参加しなければならないこともあったよ。

このように仕事に拘束される時間が長いと、身体も心も休まりません。

心身ともにボロボロになり、精神的に病んでしまう理学療法士も少なくありません。

心身ともに健康で働くためには、プライベートも大切です。

転職失敗例③休みが取りにくい

理学療法士は働く施設によって、休みの取り方が異なります。

土日、祝日休みの職場もあれば、固定休やシフト制のところもあります。

休みの日数よりも休みの取りやすさが問題…

かずき

年間休日数が多くても、希望日に休みが取れるかどうかはわかりません。

休み希望を出しても、希望が通らないことも…

  • 月に2日しか休みの希望が出せない
  • 有給をつけたのに公休扱いになっている
  • チームの中で曜日固定で休みが決まってしまっている

その職場の独自ルールで休みが決まってしまうところも多いです。

休みの例

  • 一般病院:週休2日制で日曜祝日休みの施設が多い
  • 急性期・回復期病院:365日リハビリが多く、ほとんどがシフト制
  • クリニック:平日1日+日曜・祝日、水曜と土曜半休+日曜・祝日
  • 介護施設・デイ:土日・祝日休み
  • 訪問リハビリ:土日・祝日休み

*あくまでも例なので、必ず転職先で確認しましょう

休みの取りやすさは、施設の忙しさやスタッフの人数にもよります。

転職失敗例④人間関係が悪い

給与や年間休日など雇用条件の希望は満たされていても、「転職してみたら人間関係が最悪」と後悔している理学療法士も少なくありません。

理学療法士の職場ではさまざまな方と接する機会が多いです。

  • 医師や看護師、介護士
  • リハビリ室の同僚(PT・OT・ST)
  • ソーシャルワーカーやケアマネージャー
  • 患者や利用者、そのご家族

規模が大きい施設では、1日100人以上の人と接することも…

かなき

仕事内容よりも人疲れすることのほうが多かったな…

規模が小さい施設でも上司と合わず、転職をした理学療法士の方もいます。

友人だと自ら距離を取ることができますが、仕事となると嫌でも顔を合わせなければなりません

そのため、ストレスが溜まり、精神的に疲れてしまう理学療法士が多いです。

人間関係は入職してみないとわかりませんが、職場見学の時点で雰囲気が悪いと感じたら、その職場は避けたほうがいいでしょう。

ポイント

人間関係の悪さは離職率に大きく影響を及ぼします。

転職サイトで内部情報を聞ける場合があるので、気になる方は転職サイトを利用してみるのも手です。

転職失敗例⑤誰にも相談せずに決める

最終的な判断を下すのはあなたですが、判断を誤ってしまい、転職で失敗することもあります。

転職先をいくつも確認していくうちに、給料や休みなどなにが妥当なのか判断できなくなることも…

そんなときは、第三者に相談するのが1番です。

第三者に相談するメリット

  • 客観的な意見が聞ける
  • アドバイスがもらえる
  • 盲点に気づける
  • 情報を整理できる
  • リフレッシュになる

転職先を探し、何度も職場見学や面接を受けたりと、転職はかなり疲れます。

最後のほうでは、「もうここでいっか」と投げやりになってしまい、後悔する可能性も少なくありません。

息詰まったり、転職活動が長引くようであれば、第三者に相談することをおすすめします。

注意点

最終的な決断を他人に任せてしまうと絶対に後悔します。

意見や考えを参考にする分にはいいですが、判断を他人に任せてはいけません。

転職で失敗する理学療法士の5つの特徴

次に転職で失敗する理学療法士の特徴を紹介します。

転職で失敗するPTの特徴

  1. 転職理由があいまい
  2. 情報収集ができていない
  3. こだわりすぎ/妥協しすぎ
  4. 転職先を比較しない
  5. 他人任せ

これらの特徴に当てはまる方は、転職で失敗しやすいので注意してくださいね。

理学療法士は転職する方が多い職業です。

転職や就職する際に失敗しないための注意点をこちらの記事にまとめたので、ぜひ参考にしてください▼

失敗する特徴①転職理由があいまい

なぜ理学療法士で転職したいのか、理由ははっきりしていますか?

転職理由があいまいだと、転職活動が思うように進みません。

なぜなら、どのような職場を自分が求めているのかがわからないからです。

  • 転職先に求める条件
  • その職場で働くイメージ
  • 理学療法士としてどうなりたいのか

など目的を明確にする必要があります。

とくに転職先に求める条件はなるべく多くあげておきましょう。

すべての希望が当てはまる職場は少ないかもしれませんが、希望を多く挙げておくことでミスマッチを防ぐことができます。

失敗する特徴②情報収集ができていない

情報収集したと思っていても、その情報が偏っていることがあります。

  • 施設の公式ホームページ
  • ハローワークなどの求人情報
  • 職場見学
  • 知人や同僚からの話
  • ネットの口コミや評判

 

どれかひとつで情報収集するのでは足りません!

複数の方法で情報収集するようにしましょう。

とくに、職場見学は絶対に外せません

理学療法士として現場の雰囲気を知ることが大切です。

職場見学のポイント

  • リハビリスタッフの人数(PTの人数)
  • 働いているスタッフの年齢層
  • スタッフの男女の割合
  • 働く姿勢
  • リハビリ室や控え室の整理整頓具合
  • 検査や治療器具の充実さ
  • リハ室や病棟などの雰囲気

職場見学は唯一自分の目で確認できる手段

また、直接スタッフに質問できる機会があるので、確認したいことがある方は職場見学を活用するといいですよ。

情報収集は公式ホームページだけでなく、転職サイトも利用しましょう!

知人の話だけ、ホームページだけの情報では偏りが生じてしまいますが、複数の転職サイトを利用すれば、偏ることなく情報を集めることができます。

失敗する特徴③こだわりすぎ/妥協しすぎ

希望する条件にこだわりすぎて、妥協しすぎて、転職に失敗する理学療法士が多いです。

  • すべての希望を満たしていないと転職したくない!
  • 希望をすべて満たす転職先がない…
  • イマイチだけど、この職場でいっか!

転職先に求める条件にこだわりすぎて、「良い転職先が見つからない」という状況におちいることも…

また、妥協してしっくりこないまま転職すると、「こんなはずじゃなかった」と後悔する可能性があります。

条件にこだわりすぎて転職先が見つからない方は、条件に優先順位をつけましょう。

優先順位をつけておけば、自分がなにを重視して転職先を探せばいいのか、明確にできるよ!

かずき

妥協して転職先を決めかねている方は、情報収集が足りていない可能性があります。

視野を広げたり、調べる方法を変えるだけで、理想の職場に出会える可能性も…!

理想的な職場に転職するためには

  • 希望条件の整理
  • 情報収集

が大切です。

どのような職場が自分に合っているかがわからない方には、こちらの記事「理学療法士の就職先の決め方」がおすすめです▼

失敗する特徴④転職先を比較しない

理学療法士として働いていると、転職活動に当てる時間がほとんどありません。

「忙しいから、最初に職場見学したところに決めた」

こんな転職の仕方をする理学療法士も少なくありません。

比較せずに転職先を決めてしまうと、「あっちの職場のほうが良かった」と後悔するケースも多いです。

最初からひとつに絞ってしまっては、転職で失敗や後悔するリスクが非常に高くなります

 

自分の条件に合っているのなら、最初のひとつで決めてもいいんじゃないの?

最初からひとつに絞ってしまうと、好条件の転職先があったとしても、見逃してしまいます。

また、複数の転職先を比較することで、それぞれのメリット・デメリットを把握することが可能!

メリットだけでなく、デメリットも把握することで、最も自分に合う転職先を見つけることができるのです。

 

転職先をいくつもリサーチするのは大変!

という方には、転職サイトがおすすめです。

転職サイトを利用すれば、効率よく転職先を探すことが可能

そのため、自分に合う条件の転職先がいくつか見つかり、比較もしやすいです。

転職サイトでは、非公開の求人情報を多数取り扱っているので、自分に合う転職先が自力では見つからない方にもおすすめ!

≫理学療法士におすすめの転職サイト【まとめ】はこちら

失敗する特徴⑤他人任せ

「知人に紹介されたから」「上司におすすめされたから」という理由で転職先を決めていませんか?

他人に任せて転職すると、絶対に失敗します

なぜなら、その転職先は知人や上司にとって良い転職先なだけで、あなたに合う転職先とは限らないからです。

知人や上司によって良い職場 ≠ あなた合う職場

知人や上司は、理学療法士としてスキルアップができる、学ぶ機会が多い職場を良い転職先と思っていたとします。

しかし、あなたは給料や休日を重視して転職先を探していた。

この場合、希望が合わず、転職で失敗してしまうのです。

 

知人や上司など、他人の意見を参考にするのはいいですが、他人任せにするのはやめましょう。

他人に転職先を勧められたときは、

  • なぜその職場をおすすめするのか
  • メリットや魅力的な条件
  • デメリットや注意すべき点

を確認するといいですよ。

 

転職するのはあくまであなた。

最終的な決断は自分でしましょう!

理学療法士が転職で失敗しないためにすべき対策

次に理学療法士が転職で失敗しないためにすべき対策を紹介します。

転職で失敗しないための対策

  • 転職条件に優先順位をつける
  • 転職先の情報収集をしっかりする
  • 第三者に相談する

事前に対策できれば、理学療法士が転職で失敗や後悔することはありません!

転職を考えている方、すでに転職活動中の理学療法士の方もぜひ参考にしてください。

 

転職先や就職先が決まらない方は、こちらの記事もおすすめです。

下記の記事では「理学療法士の就職先の決め方や失敗しないための注意点」を解説しています▼

対策①転職条件に優先順位をつける

まずは、あなたが理学療法士として働く上で、希望する条件をできるだけ多くあげましょう。

条件をできるだけ多くあげることで、ミスマッチを防ぐことができます。

条件が少ないと、転職先の候補を絞ることもできません。

転職条件を上げたら、必ず優先順位をつけましょう!

優先順位は

  • 絶対に譲れない条件
  • できるだけ取り入れたい条件
  • 最悪なくても良い条件

に分けます。

条件を多く満たす転職先が自分に合っていると思いがちですが、実際は絶対に譲れない条件を満たしている転職先があなたに合っています。

優先順位があいまいだと、本当に重視したい条件がわからなくなり、転職してから後悔する理学療法士も少なくありません。

雇用条件だけでなく、プライベートも加味して優先順位をつけよう!

かずき

転職条件に優先順位をつけることで、失敗や後悔を防ぐことができます。

対策②転職先の情報収集をしっかりする

理学療法士の多くが転職に失敗する原因は、リサーチ不足です。

転職先の候補がいくつか見つかると、「どれも自分に合っている転職先なんだ」と勘違いをしてしまい、情報収集をやめてしまいます。

情報収集が足りないと、「こんなはずじゃなかった」と後悔につながります。

なので、理学療法士が転職先で失敗しないためには、情報収集がなによりも大切なのです。

確認すべき情報

  • 給与/賞与
  • 昇給額
  • 勤務体系
  • 年間休日数
  • 有給取得率
  • 福利厚生(育休・産休・保険など)
  • 手当(交通費・家賃・資格・研修など)
  • 教育体制
  • 人間関係(職場の雰囲気・人数・年齢層・男女比)
  • 職場環境(通勤時間・残業の有無・休みの取り方)

上記内容は、あくまでも例です。

あなたが確認したい情報はすべて確認しておきましょう!

また、さまざまな方法で情報収集することで、情報が偏ってしまうのを防ぐことができます。

情報収集の方法

  • 施設の公式ホームページ
  • ハローワークなどの職業紹介所
  • 同僚や上司、知人の話
  • ネット上の口コミ・評判
  • 転職サイト

客観的に比較するためには、

  • 月間の残業時間
  • 有給取得率
  • リハビリ取得単位数

など数値で表せる情報も大切です。

情報収集は、自分の希望する条件と相違はないか、デメリットはないかなど、確認するために必要な情報です。

転職を検討している理学療法士のあなた

失敗しないためにも情報収集をしっかりして、ミスマッチを防ぎましょう!

対策③第3者に相談する

1人で転職活動をするのではなく、誰かに相談することも大切です。

人間は誰しも、初めて経験することに不安や抵抗があります。

自分で調べることも大事ですが、ときには経験者にアドバイスをもらうことも大切

なぜなら、自分では気づけなかったことに気づけたり、新たな考えが思いついたりするからです。

転職活動をしていると、行き詰まったり、悩みすぎてどうしようもならなくなることも…

そんなときに第三者に相談すると、解決の糸口が見つかり、スムーズに転職活動が進みます!

かなき

誰かに相談すると、リフレッシュにもなるね!

客観的な意見をもらうために、理学療法士ではない方に相談するのもアリ!

また、誰にも相談せずに決めてしまうと、思い込みや先入観で誤った判断をする可能性が…!

最終的な決断は自分でしますが、アドバイスや客観的な意見をもらうために第三者に相談することをお勧めします。

 

職場の同僚や上司に相談すると、引き止められてしまうこともあるので、違う職場の知人に相談するか、転職サイトを利用するといいですよ。

転職サイトをおすすめする理由

  • 登録料&利用料金が無料
  • 求人数が豊富
    (非公開の求人情報も入手できる)
  • 転職・就職活動のサポートを受けることができる
  • 客観的なアドバイスがもらえる
  • 効率よく就職先を見つけられる

転職サイトは忙しい理学療法士のみかたです。

相談やサポートを受けながら、効率よく転職活動することができます。

取り扱っている求人数も豊富で、非公開の求人情報も取り扱っているので、「転職先が見つからない!」という事態にはなりません!

もし万が一、自分に合った転職先が見つからなかったとしても、サービスはすべて無料だから損はないよ!

かずき

まずは、利用してみることが大切です。

理学療法士が利用できる転職サイトはさまざま。

転職サイトはどれも無料なので、あなたが気になるサイトを利用してみましょう!

サイトによって取り扱っている求人情報が異なるので、複数のサイトに登録してみるといいですよ。

理学療法士におすすめの転職サイトまとめ記事はこちら▼

 

理学療法士が転職で失敗しないためには転職サイトを利用しよう!

転職を検討している誰しもが、「転職で失敗したくない」と思っています。

転職で失敗したくなければ、失敗しやすい人の特徴を抑えておきましょう。

転職で失敗するPTの特徴

  1. 転職理由があいまい
  2. 情報収集ができていない
  3. こだわりすぎ/妥協しすぎ
  4. 転職先を比較しない
  5. 他人任せ

上記の特徴に当てはまる理学療法士は、転職で失敗する危険性があります。

失敗したくない方は、下記を参考に失敗しないための対策をしてくださいね。

転職で失敗しないための対策

  • 転職条件に優先順位をつける
  • 転職先の情報収集をしっかりする
  • 第三者に相談する

事前に対策できれば、理学療法士が転職で失敗することはありません!

失敗しない対策もできて、効率よく転職活動するには「転職サイト」がおすすめです。

転職サイトは、登録も利用料も無料!

手軽に転職先の情報を集められて、相談やサポートも何度でも受けることができます。

かなき

最近は、転職サイトを利用して転職する理学療法士が多いね!

私も転職サイトを利用して転職。
自分にぴったりの職場に転職できたよ!

かずき

転職で失敗や後悔したくない方は、ぜひ転職サイト を活用してみてください!

登録無料

リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」
  • カンタン30秒で登録完了
  • 最短3日で転職可能
  • 非公開求人あり
  • 現場に直接足を運んで入手した「現場の生の情報」が聞ける
  • 転職成功の秘訣のレポートがもらえる

転職サイトを利用してみる

リンク先:メドフィット公式サイト

スポンサーリンク

-医療職の働き方