【日本一周車中泊旅】自作のキャンピングカーで生活している女子のお風呂事情!

お役立ち情報

こんにちは!
2020年6月から夫婦で自作のキャンピングカー(いすゞのCOMO(コモ) )に乗って日本一周車中泊旅をしている「かなかず夫婦」です!

今回は日本一周中のお風呂はどうしているの?という質問にお答えします!
特に女性が気になっている方が多いということで、嫁のかなきが紹介していきます。

かなき
かなき

女の子の日やムダ毛の処理など、みなさんの気になっていることを全て話しちゃいます!

日本一周に出発するまで不安だったお風呂。車中泊、バンライフをしてみたら、意外と心配いりませんでした。
日本一周車旅をしている私が知っている&利用している方法を紹介しちゃいます♪
車中泊や車旅、日本一周、キャンピングカー、バンライフに興味のある女性に読んでいただけたら幸いです。

日本一周車中泊女子のお風呂事情はこちら!

車中泊、バンランフしてみたい!という女性にとって気になるのはお風呂だと思います。
ざっくり先に説明すると、お風呂はどこの都道府県、どこの市町村にもあります。値段や場所を選ばなければ、毎日お風呂に入ることができます。

私は値段や営業時間、体調などにより、銭湯や日帰り温泉、スーパー銭湯、コインシャワーなどを使い分けています。
しっかり浴槽につかるときもありますが、安くささっと済ませたいときにはコインシャワーも便利です。

車中泊、バンライフしていても毎日お風呂に入ることができます。心配いりません。
入浴施設を選べば、沸かし湯ではなく、温泉に入ることができます。
各地の無料温泉や秘湯なんかも楽しむことができちゃいます♪

【車中泊:女子のお風呂事情】入浴施設の探し方

私は入浴施設を探すときはGoogle MAPを使っています。
お風呂・銭湯・日帰り温泉などで検索すると、滞在地周辺の入浴施設が出てきます。
Google MAPには営業時間や口コミをチェックすることができ、入浴施設のWebサイトへ飛ぶこともできます。

出発地から目的地までの距離やかかる時間も瞬時にわかるので、Google MAPで入浴施設を探すととても楽です。


お風呂の場所を決める上で重視していることは3つ!
料金営業時間口コミです。

日本一周車中泊旅、バンライフをしているので、なるべく入浴料金が安いところを利用しています。
なので、1番最初に料金をチェックします。

私たちは寝る直前にお風呂に入りたいので、営業時間も合わせてチェックしています。また、営業が終わるくらいに行くと空いているので、営業終了1-2時間前に利用しています。

最後にチェックするのは口コミです。
浴室内や更衣室の様子まで口コミで詳しく書いてくれている人がいるので、とても参考になります。アメニティやドライヤーの有無なども書いてあるので、チェックすることをおすすめします。


あとは『ゆる〜と』というWebサイトもおすすめ!
Webサイト:https://yuru-to.net
Webサイトに飛ばなくても営業時間や利用料金をチェックすることができます。

【車中泊:女子のお風呂事情】どんな入浴施設を利用しているの?

利用料金が比較的安い銭湯や浴槽の種類が多いスーパー銭湯をよく利用しています。
旅の醍醐味である、日帰り温泉施設も利用!

地域によっては源泉掛け流しの温泉が格安で楽しめる入浴施設もあります。

よく利用する入浴施設:銭湯

入浴施設は銭湯から日帰り温泉施設までいろいろあります。私たちは銭湯を利用することが多いです。
なぜかというと銭湯が1番安いからです。
さらに、熱いお湯が好きな人に銭湯はもってこい!沸かし湯のところが多く、湯温が高いところが多いです。

地元の利用者が多く、一見だと入りにくいかもしれませんが、そんなことはありません。
声をかけてくれ、親切に使い方を教えてくれる人もいます。地元の観光スポットやおすすめのご飯屋さんを教えてくれる人もいます。
地方のことは地元の方に聞くのが1番です。銭湯では旅の情報収集がしやすいので、おすすめです。


マイナス点としては銭湯はアメニティがないところが多く、持参しなければなりません。ドライヤーは有料か持参になりますが、それを考慮したとしても、他の入浴施設より銭湯の入浴料金の方が安く済む場合が多いです。

銭湯には駐車場がなかったり、駐車場が狭かったりするので注意が必要です。利用する際は駐車場の無有をしっかりチェックしましょう!

困った時に利用:スーパー銭湯

次に利用する回数が多いのはスーパー銭湯です。
スーパー銭湯ではくつろげる休憩室があるため、雨の日などに利用しています。また、スーパー銭湯ではJAF割があるところが多いので、割引が使えるかどうかは常にチェックしています。
入浴施設によっては朝風呂や夜間割引などがあり、通常より安く入浴できる施設もあります。

スーパー銭湯は設備が整っており、Wi-Fiや充電設備があるところも多いです。最近ではワーキングスペースがあるところも!
私たちはWi-Fiや充電設備を利用したいときにスーパー銭湯を選ぶこともあります。
広い休憩スペースが完備されているところも多数。車中泊・バンライフをしていると身体を伸ばせないことが多いので、休憩スペースでストレッチをしています。

スーパー銭湯は浴槽の種類が豊富でサウナの設備があるところが多いです。長湯が好きな人やサウナが好きな人はスーパー銭湯がおすすめです。
筆者は長湯やサウナが大好きなので、スーパー銭湯の日は2時間は入浴しています♪

各地の温泉を楽しむ:日帰り温泉施設

日本全国に様々な泉質の温泉があります。
温泉の泉質は温泉に含まれている化学成分の種類とその含有量によって決められています。
主に10種類。
単純温泉・塩化物泉・炭酸水素塩泉・硫酸塩泉・二酸化炭素泉・含鉄泉・酸性泉・含よう素泉・硫黄泉・放射能泉があります。

その土地ある温泉を楽しむのも車中泊・バンライフ・旅の醍醐味です。
温泉施設の入浴料金は高いところも多いですが、温泉の湧出量が多いところは料金が安いところもあります。
源泉100%掛け流しの温泉を楽しみましょう♪

各地のおすすめ温泉

北海道登別市にある『温泉銭湯 夢元さぎり湯』は2種類の源泉掛け流しの温泉を楽しむことができます。
めちゃくちゃ泉質が良くて、お気に入りの温泉のひとつです。
源泉100%の温泉なのに大人1人450円で入浴できちゃいます!

【車中泊:女子のお風呂事情】お風呂の頻度は?予算は?

お風呂に入る頻度は日本一周車中泊旅・バンライフを始めた当初は2日に1回でした。1日観光、次の日は作業日としていたため、2日に1回の入浴にしていました。
今(執筆日2020.12.23)は冬で寒くなってきたので、ほぼ毎日お風呂に入っています。
*お風呂に入らないと、バンの中は寒くてなかなか寝付けません。冬の車中泊には対策が必要です。


私たちは1人1回500円と決めていて、なるべく安い日帰り温泉施設を探しています。また、JAF会員なので、利用する場所でJAF割がないかも必ずチェックしています。JAF割は会員1人しか利用できない場合もありますが、同伴者も割引を受けられるところも多いです。
お風呂を利用する時間で割引がある入浴施設もあります。夜間割引や朝風呂は値段が安かったりするので、そこも狙い目です。

LINE登録でクーポンをもらえたり、割引が効いたりするので、店舗に貼ってある掲示物はしっかりチェックしています。LINEお友達登録で入浴料無料!の入浴施設もありました。
入浴料金が休日割増の入浴施設もあるので利用料金は必ず公式Webサイトなどで確認するようにしましょう。

入浴施設で湯船に浸かることが多いですが、夏はコインシャワーを利用したりもします。コインシャワーであれば1人200円で済む場合が多く、入浴費を抑えることができます。

【車中泊:女子のお風呂事情】女の子の日はどうしているの?

女の子のお風呂の悩みといえば、月に1回訪れる女の子の日。
女の子の日はシャワーを利用するようにしています。

高速道路にあるサービスエリアやパーキングエリアにはコインシャワーがあるところが多く、女の子の日は主にSAやPAのコインシャワーを利用しています。女性専用のシャワー室もあるため、安心して利用することができます。

他にもキャンプ場や道の駅にコインシャワーがあったりします。ガソリンスタンドにもシャワー室があるところもあるそうです(まだ利用したことはありません)。
快活クラブやネカフェ、ジムなどにもシャワーの設備があります。
全国展開している施設の会員になれば、どこの都道府県にいても、シャワーを利用することができます。ジムなどの場合は、運動もできるので一石二鳥です。


公共施設はちょっと…。という方にはビジネスホテルがおすすめです。宿泊料金がかかってしまうので、料金は高くなりますが、他者を気にせず利用することができます。ついでにホテルで充電や作業もできちゃう。
女の子の日は人によって、辛い場合もあるので、月に1回ホテルに泊まるのもアリです!
*補足:私たちはまだ利用したことがありませんが、シャワーだけ貸してくれるホテルもあるそうです。

近くにホテルもコインシャワーもない。というときは、入浴施設の営業時間の最後の方に利用し、シャワーだけ利用するという手もあります。
ただ、他の人の目も気になるし、利用する本人も嫌だなと思う方はやめましょう。
タンポンを利用して公共の入浴施設の湯船に入ったという人の話も聞きましたが、衛生面的に良くないかな?と思います。他の利用者もいますしね。


私は女の子の日は比較的軽い方なので、シャワーを利用することが多いです。辛い方は迷わず、ホテルをおすすめします。

かなき
かなき

女の子の日は大変!

だけど、シャワーを使えば大丈夫!

【車中泊:女子のお風呂事情】ムダ毛の処理はどうしてる?

私はムダ毛の処理はお風呂場でやっています。

他の人の目もあるので大衆浴場でムダ毛の処理をするのは恥ずかしいかなと思っていたのですが、実際お風呂でムダ毛の処理をしている人は多いです。
お風呂場で髪染めなどは禁止と貼り紙がありますが、ムダ毛の処理については書かれていません。禁止されているわけではないので、羞恥心さえなければ、お風呂場でのムダ毛処理も可能です。


電動カミソリの場合は車内でも処理ができますね。
車内であれば人目を気にすることなく、ムダ毛処理ができるので、恥ずかしくて公共の場では無理!という方はシェイバーを使って車内で処理することをおすすめします。
車内で毛を処理した場合は掃除するのが大変かもしれません。

【車中泊:女子のお風呂事情】お風呂の時の持ち物

お風呂のときの持ち物は浴室の中で使用するものと、更衣室で使用するものと分けています。

浴室の中で使用するもの
更衣室で使用するもの

浴室で使用する荷物は100均で購入したかごにまとめています。かごは水がたまらないよう底と横に穴が空いているものを選びました。
100均で手に入るのですが、取っ手がとれやすいので、長く使うのであれば丈夫なものを調達しましょう。
かごだとかさばるので、メッシュバッグがおすすめ!

水もたまりませんし、通気性がいいので、車内に置いておいても大丈夫です。
シャンプー・リンスのボトルは通常のもの(ポンプ式)より、蓋付きの詰め替え用のもの(キャップ付き)を使うと液ダレなどがないのでおすすめですよ。


更衣室で利用する荷物の方は、ショッピングバックに着替え、タオル、化粧ポーチ(化粧水など)、ボディクリーム、ブラシ、洗濯物を入れる小袋、歯磨きセット、ドライヤーなどが入っています。

お風呂屋さんで歯磨きを済ませられるときはお風呂屋さんで済ませてしまうと楽です。(*浴室では歯磨きNGの場所もあるので、歯を磨く場合は更衣室の洗面台でしましょうね。)
ドライヤーを置いてなさそうな店舗にはドライヤーを持参するようにしています。
また、持ち込みOKのところでは自分のお気に入りのドライヤーを利用できるので使っています。施設によっては威力が弱いドライヤーもあり、乾くのが遅い場合もあります。持ち込みOKなところでは自分のドライヤーを利用するのが良いでしょう。


お風呂上がりに保湿は欠かせません。お肌のお手入れは必須!
ボディクリームや化粧水・乳液は入浴後に塗るのが効果的です。入浴施設に行くときは忘れずに持っていきましょう。

化粧水類はポーチにまとめておくと便利です。
私は無印良品の吊るして使えるポーチを使っています。

タオルは速乾性のあるタオルを利用しています。
髪が長い人にはこちらのタオルがおすすめ!
吸水性も高く、髪を乾かす時間を短縮することができます。


【車中泊:女子のお風呂事情】無料温泉や混浴について

プレートがぶつかり合う日本は世界でも屈指の火山大国です。温泉はその賜物。
日本は温泉が豊富で、無料温泉や秘湯が日本各地にあります。
その土地の温泉の泉質を楽しむことができるので、無料温泉や秘湯を調べて利用するのも旅の醍醐味です。

無料温泉は露天や混浴のところが多いです。だいたい、タオルの利用や水着OKのところが多いので、タオルや水着を使用して入浴しています。
最初は恥ずかしかったのですが、そこでしか堪能することのできない泉質の温泉を楽しみたい!という気持ちの方がまさり、今では普通に入浴しています。
なので、1年中水着は常備しています。

水着やタオルを利用しても恥ずかしいという方は、人が少ない時間に利用しましょう。
夜中や朝方、利用終了時間ギリギリなどが狙い目です。
あとは、旦那や彼氏がいる方は男性と一緒に入るのもおすすめです。なんか安心しますよ♪

無料温泉や秘湯を利用する際はラップタオル(巻きタオル)があると便利です!更衣室が簡易的なところが多いので。
こんなタオルがおすすめ!
吸水性・速乾性・柔軟性もあるので、使い心地も利便性も良いですよ♪

夜間に行く場合はライトがあると便利です。
無料温泉や秘湯は電気の設備がされていないところもあるのでライトを持参するようにしましょう。
ランタンにも懐中電灯にもなるタイプがおすすめです!

おすすめの秘湯

屈斜路湖コタンの湯は屈斜路湖の湖畔にある無料露天風呂です。
絶景を見ながら温泉を楽しむことができます。仕切りがあるだけで半混浴状態なので、水着やタオルの持参を忘れずに!
更衣室が簡易的なものなためラップタオル(巻きタオル)を持参した方が良いです。



北海道羅臼町にある熊の湯は地元の方に愛されている野湯です。
有志で成り立っている野湯ですが、しっかりした更衣室もあります。泉温が高いため、熱いお湯が好きな方におすすめです。

最後に

いかがでしたか?以上が日本一周車中泊旅、バンライフをしている女子のお風呂事情になります。
お風呂の心配をしている女性たちのためになれば幸いです。

YouTubeでも紹介しているので、よかったらどうぞ▽

車中泊旅って1ヶ月でいくら使ってるの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました