豊かな生活

あなたの携帯代は安い?高い?携帯代を安くする方法を徹底解説!

2022年2月25日

今では1人1台スマートフォンを持つ時代。

毎月かかる費用なので、少しでも携帯代を抑えたいという人は多いでしょう。

  • 携帯代を安くする方法ってないの?
  • 毎月の携帯代が負担…
  • 安くする方法が知りたい!

大手キャリアの店員がおすすめするプラン・オプションをつけて契約すると、携帯代が毎月10,000円以上になることも…

携帯代を安くする方法を知っていれば、4人家族でも携帯代を1万円以下に抑えることができます。

僕らは携帯3台で毎月3,500円だよ!

かずき

今回は、年間の携帯代を3台で4万円に抑えられている私たち【かなかず夫婦】(@kanakazu_fufu)が『携帯代を安くする方法』を徹底解説します。

この記事を読めば…

  • 自分の契約プランを見直す機会になる
  • 携帯代を安くする方法がわかる
  • 固定費を抑えることができる

この記事を読んで、自分に合う契約プランを見つけてくださいね♪
自分に合うプランに変更するだけで、携帯代が安くなることも…!

固定費を抑えて、自己投資に利用できるお金を増やしましょう!

合わせて読みたい記事

私たちは旅しながら暮らしているバンライフ夫婦です。

携帯代もさることながら、生活費も2人で15万円以下に抑えられています。
気になる方はコチラで固定費を紹介しているので、参考にしてください▼

携帯代は高い?安い?

みなさんの携帯代はいくらですか?

かなき

私たちは乗り換え割などを利用して、3台で3,500円です。

私たちの携帯代

  • iPhone8:docomo
    機種代支払済で月額約3,500円
  • iPhone SE第2世代:楽天モバイル
    機種代支払済、使用料無料期間中
  • 楽天のスマートフォン:楽天モバイル
    機種代支払済、使用料無料期間中

注意点

無料期間終了後は、利用ギガ数に応じて、利用料金が決まります。

今のデータ使用量で計算すると、3台で1万円以下に収まる予定です。

周囲に携帯代を聞くと、

6,000〜8,000円

と答える人が多いです。

1台なのに携帯代が1万円を超える人も多いよ。

かずき

機種代を除いて、携帯代がやっと1万円を切るという人も…

携帯代が1万円以上の方は、契約プランやオプションを見直すだけで、料金を抑えることが可能です。

携帯代の平均

総務省の「2019年度情報通信白書」によると、2019年の移動電話通信料の年間支出額は103,446円

消費全体の約4%を携帯代が占めています。

参考・引用:総務省:情報通信白書令和2年版(2019年度)

かなき

これは高いって言ってもいいよね…

月に8,620円の携帯代を払っているってことになるよ!

かずき

なぜ、携帯代・スマホ代はここまで高いのでしょうか?

今では、小学生や中学生でも携帯をもつのが当たり前の世の中です。

少しでも固定費を抑えられるよう、携帯代を安くする方法を解説します。

携帯代を安くする方法【5選】

携帯代・スマホ代を安くする方法は5つあります。

携帯代を安くする方法

  • データ使用量を把握する
  • 契約プランを見直す
  • オプションを見直す
  • 通話料金を見直す
  • 格安SIMに乗り換える

それぞれの方法を順番に解説していきます。

携帯代だけでなく、通信費を安くする手段として、テザリングがおすすめです。

テザリングの特徴や注意点、やり方をコチラの記事にまとめています▼

安くする方法①データ使用量を把握する

楽天モバイルの場合

携帯代を安くするには、まず、自分が月にどれだけ携帯を使用しているのかを把握する必要があります。

かなき

自分の使用量に合わせてプランを選ばないと損するよ!

スマホをそんなに使用しないのに、ギガ数無制限などの料金の高いプランを利用していることも…

まずは、自分のデータ使用量を把握することが大切です。
使用量を把握しなければ、どのプランやオプションが自分に最適なのかがわかりません

使用量のチェックポイント

  • 携帯をあまり使わない
  • 家でも外でも割と使う
  • 電話をたくさん使う
  • 月によって使う量が異なる

データ使用量は、人によってさまざまです。

自分に最適なプランやオプションを選べるように、まずはデータ使用量を把握しましょう。

\使った分だけ支払えばOK/

楽天モバイルを見てみる

安くする方法②契約プランを見直す

携帯代を安くするには、自分に合った契約プランを選びましょう。

携帯を契約しに行き、スタッフに勧められるまま、プランを選んでいる人はいませんか?

使用しているデータ量に比べて、余分な料金を支払っている可能性があるよ…

かずき

携帯会社には、さまざまなプランが用意されています。

プランが多くて、選ぶのが大変と思う人も多いでしょう。

かなき

自分が実際に使用しているデータ量をもとにプランを決めよう!

契約するプランで利用できるデータ量と実際に使用しているデータ通信量を同程度にするといいですよ。

通話で利用することが多い人の場合は、かけ放題プランを検討するのがおすすめです。

プランが多いということは、自分に合ったプランを選べるということ。

勧められるままに契約するのではなく、自分の使用量に合ったプランを選ぶようにしましょう。

安くする方法③オプションを見直す

契約プランと一緒にオプションも見直す必要があります。

そのオプションを利用しているのか、使用状況をみて、本当に必要かどうか判断するようにしましょう。

注意

契約時に割引が効くからとオプションを勧められ、加入したままにしている人はいませんか?

  • 加入したことを忘れていた
  • 外す方法がわからない
  • 大したことない料金だと思った

などそのままにしている人も多いのではないでしょうか。

オプションひとつひとつは月額数百円でも、複数加入していたり、何ヶ月も払い続けていれば大きな額になります

かなき

必要のないオプションを外しただけで、携帯代が1,000円以上安くなることも…!

使用していないオプションは解約しましょう。

安くする方法④通話料金を見直す

データ通信料だけでなく、通話料金で携帯代が高くなっている人もいます。

電話料金が高い人は、通話プランを見直そう!

かずき

契約プランの中に通話に関してのプランもあります。

  • 〇分以内であれば何回かけても無料
  • 月額〇〇円で24時間かけ放題

さまざまなプランがあり、料金も異なります。

自分がどのくらい通話をするのか考えてプランを選びましょう。

かなき

通話アプリを用いれば、さらに携帯代が安くなるよ!

LINE電話やSkypeなど、無料通話ができるツールを利用すれば、携帯代を安く抑えることが可能です。

LINEやSkypeは、お互いにアプリを入れてアプリ上で連絡先を交換しておく必要があります。

アプリを利用すれば、通話料金がかかりません。

電話する回数が多い人や時間が長い人は、無料通話ができるアプリを導入するといいですよ。

安くする方法⑤格安SIMに乗り換える

基本プランやオプションを見直しても携帯代が安くならない場合は、格安SIMに乗り換えるのがおすすめです。

格安SIMはなんといっても利用料金が安いのが魅力!

かずき

格安SIMは自社の回線を持っていないため、大手携帯会社よりも携帯代を安く抑えることができます。

自社の回線を持たず、ほかの携帯会社の設備を借りている事業者を「MVNO(仮想移動体サービス事業者)」と言います。

格安SIMの基本料金はだいたい3,000円程度。

安いプランやキャンペーン中に契約すると、携帯代が1,000円程度なんてことも!

かなき

私たちは楽天モバイルのプラン料金が1年間無料になるキャンペーン中に契約!

楽天モバイルで契約した2台の携帯代が1年間無料に!

かずき

楽天モバイルのプラン料金1年間無料キャンペーンは現在終了しております。

格安SIMを取り扱っている会社はたくさんあります。

携帯の使用状況を確認して、自分に合うプランがある格安SIMを選びましょう。

格安SIMでもプランやオプションによっては、携帯代が高くなる場合があります。

裏ワザ!家族で安くするならWi-Fiを利用しよう

家族で複数台のスマホ・携帯を使用しているのであれば、Wi-Fiの利用がおすすめです。

Wi-Fiを利用すればデータ通信量が減るので、携帯代を安く抑えることができます。

かなき

低容量のプランにすれば、スマホ代が安くなるよ!

光回線を契約して家でWi-Fiが利用できれば、家族みんなの携帯代が安くなります。

4人家族の場合

○Wi-Fi導入前
携帯代1台8,000円
8,000円×4人分=32,000円

○Wi-Fi導入後
Wi-Fi通信費6,000円
携帯代1台4,000円
4,000円×4人分=16,000円+4,000円
携帯代16,000円+Wi-Fi台4,000円
20,000円

Wi-Fiを導入すると通信費がかかりますが家族全員の携帯代が安くなるので、トータルで考えるとWi-Fiを導入したほうが費用を抑えられます。

Wi-Fiの導入は、とくに自宅でしかインターネットを利用しない人におすすめだよ!

かずき

自宅のネット環境を整えるのは、家族全員の携帯代が安くなるのでおすすめの方法です。

かなき

今なら楽天ひかりがおすすめ!

楽天モバイルとセットで契約すれば、楽天ひかりの月額基本料が1年無料!

通常料金

  • マンションプラン(集合住宅)税込4,180円
  • ファミリープラン(戸建)税込5,280円

すでに楽天モバイルを利用している人でも、楽天ひかりを新規契約すれば基本料が1年間無料になります。

楽天モバイル未加入でも、

  • 開通月無料
  • 翌月から12ヶ月
    マンションプラン:税込1,980円
    ファミリープラン:税込3,080円

Wi-Fiの通信料を安く抑えられます。

初期登録費や工事費がかかる場合があります。

初期費用がかかるとしても、1年間無料でWi-Fiが利用できれば、通信費を大幅に抑えることが可能です。

楽天ひかり1年間無料キャンペーンの終了日は未定となっています。

かなき

いつまでキャンペーンがやっているかわからないよ…

キャンペーンを利用しないと損!

僕らは携帯の基本料金1年間無料キャンペーン中に楽天モバイルに乗り換えたよ!

かずき
かなき

このキャンペーンは急に終了したから、乗り換えておいてよかったよ…

スマホの乗り換えに悩んでいるあなた
Wi-Fiを導入しようとしている方

今ならお得に利用できるので、楽天モバイルがおすすめです。

\楽天ひかりが1年間無料/

キャンペーンを見てみる

携帯代を安くして固定費を抑えよう!

みなさんは、自分が契約しているプランを把握していますか?

利用している契約プランを覚えていない場合は、携帯会社を乗り換えなくても見直すだけで携帯代が安くなります。

携帯代を安くする方法

  • データ使用量を把握する
  • 契約プランを見直す
  • オプションを見直す
  • 通話料金を見直す
  • 格安SIMに乗り換える

かなき

自分に合うプランや希望するプランがない場合は、自分に合ったプランがある携帯会社に乗り換えるといいよ!

基本料金が安いだけでプランを選ぶと、データ通信量が足りなくなり、追加で購入しなければならないことも…

まずは自分のデータ使用量を把握して、自分に合う契約プランを見つけましょう!

携帯代を安くするなら楽天モバイルがおすすめ

安さを重視するのなら「楽天モバイル」がおすすめです。

楽天モバイルなら、月額0円~利用できます。

僕たちも楽天モバイルを利用しているよ!

かずき

楽天モバイルの料金

  • 1GBまで:0円
  • 3GBまで:980円/月(税込1,078円)
  • 20GBまで:1,980円/月(税込2,178円)
  • 20GB以上:2,980円/月(税込3,278円)

データ使用量が20GBを超えても、どれだけ使っても月額2,980円です。

注意点

データ無制限は、楽天基地局接続時のみ。

パートナー回線は月5GBまで。

楽天モバイルなら、毎月、使った分だけ支払えばいいのです。

また、通話料金もRakuten Linkという楽天モバイル専用のアプリを利用すれば、無料になります。

  • 契約事務手数料
  • プラン契約解除料
  • MNP転出手数料

などの各種手数料も0円!

楽天モバイルは

  • 携帯をあまり使わない人
  • データ通信量をたくさん使う人
  • 月によってデータ使用量が変わる人

どんな人にでも最適なプランになっています。

携帯代を少しでも節約したい人は、楽天モバイルを検討してみてはいかがですか?

\今ならおうちのネットがタダ/

  • 楽天回線なら月額3,278円でデータ無制限!
  • アプリ利用で通話料無料
  • 楽天ポイントが貯まりやすい

楽天モバイルを利用してみる

リンク先:楽天モバイル公式サイト

スポンサーリンク

-豊かな生活