【車中泊DIY】ベッドにもなる!?収納スペースにもなる!?タイヤハウス&収納BOXの作り方を紹介♪

車内改造・DIY

こんにちは。かなかず(@kanakazu_fufu)夫婦です。
今回は車の中のベッド兼収納スペースを作ったので、その様子を紹介します。

【ベッド収納スペース】完成図はこちら!

まずは完成図をご覧ください!


後ろから見て右側はタイヤハウスになっています。
3つBOXがあると思いきや、中は全て繋がっています。

強度のことを考え、前部分に大きめの独立した収納BOXも作成。

左側は大きな収納スペースになるよう平均台を2つにしました。

タイヤハウス

前方の収納BOX

平均台



ベッドの大きさは縦180cm横150cmになります。
2人で使用するには十分な大きさです。



インターネットショップなどではベッドキットを販売していますが、高価な物が多いです。
検索してみると純正品は4〜6万円くらいですね。
もっと高いのもありました!




私たちは約20,000円でベッド兼収納スペースを作りました。
ある細工をして、5,000円ほど高くなりましたが、できたものに満足しています。

細工についての紹介はこの記事の後半でしますね♪



実際に私たちが作業している動画がYouTubeで見られるので、気になる方はどうぞ!

【DIY】夫婦でひたすら楽しく車内で使用するベッドをDIY!

【車内紹介】内装DIY!夫婦ではじめてDIYに挑戦したのはこんな感じ!



それでは作り方を紹介します♪

【ベッド収納DIY】使った材料・道具を紹介!

私たちが使った材料はこちら!

・ツーバイツー(2×2)材 縦38mm×横38mm高さ1820mm

・ツーバイフォー(2×4)材 縦38mm×横89mm×高さ1820mm

・針葉樹合板 縦1820mm×横910mm×厚さ9mm
 

・ラワンベニヤ 縦1830mm×横920mm×厚さ2.5mm

・木材取り付け用ネジ

・ステンレス木ネジ

・ステー 金折れ 60mm

・折れ脚金具 


・木工用速乾ボンド

・ペンキ:アサヒペン 水様多用途カラー こげ茶

2×2材や2×4材は収納ボックスや土台の脚に使用しました。
簡単に加工できます。
ホームセンターではワンカット40〜50円でした。



針葉樹合板はベッドの天板として使用。
ベッド下収納のため持ち上げやすい重さと強度を考え、9mmを選びました。
厚さはいろいろあるので、自分の用途にあった厚さを選びましょう。





ベニヤ板はタイヤハウスや収納BOXの側面に使用。
側面に板を貼らないと、中が丸見えになっちゃいます。
重量を考え、2.5mmの薄めの板を選びました。





ネジが届かないところはステーを使い、固定しました。





木材を取り付け用のネジとステーを取り付ける用の木ネジをそれぞれ購入。
ステー用の木ネジは直径に注意!
サイズが合わないと、穴にはまりません。





折れ脚金具は自分で折りたたみのテーブルや椅子を作成できます。
天板に細工をするために購入!




木と木を仮留めする際に、速乾性の木工用ボンドを使いました。
何かとあると便利です。




カットした木材を好きな色に変えるためにペンキも買いました。




材料は大体ホームセンターで購入できます。
折れ脚金具は気に入ったものがなく、Amazonで購入しました。




次は手順を紹介します。

【ベッド収納DIY工程①】まずは木材をカットしよう!

使用する木材(2×2/2×4材)を全てカットしていきます。
素人では真っ直ぐ切るのは難しいため、購入したときにホームセンターでカットしてもらうことをおすすめします。



私たちは何事も経験!という考えのため自分たちで線を引き、カットしました。
工具は弓のこやノコギリ、ジグソー(電動ノコギリ:曲線を切るのに優れてる)を使用しました。


真っ直ぐかどうかはL字物差し【曲尺】をあてて確認しました。
曲尺もあると便利です!




カットしたら、木材の端に何cmか、どこに使用するか印を付けておくと、組み立てるときに楽です。

【ベッド収納DIY工程②】ヤスリがけをしよう!

カットした後は、端がささくれます。
そこで怪我をしやすいため、カットした部分にヤスリがけをしていきます。



私たちは2種類のヤスリを使用しました。

目の荒いの方でざっとケバケバを取る。
目の細かい方で、断面を滑らかにする。


そうすると、触り心地も良く、怪我をしません!

【ベッド収納DIY工程③】木材を好きなカラーにチェンジ!

カットした木材にペンキで色を塗ります。


水で薄めて使いました。
私たちが購入したペンキは水で薄めてOKなものでした。
ペイント薄め液を使用しないといけない物もあるので、購入の際はちゃんとチェックしましょう!

ホームセンターにはたくさんの種類のペンキがあり、迷っちゃいました。

【ベッド収納DIY工程④】組み立てる前の下準備!下穴をあけよう

ネジを打つ前に下穴をあけます。

下穴をあけないと、ネジが曲がって入ってしまいます。
素人の人ほど、下穴はしっかりあけましょう。

ネジを打ち込むには電動ドライバーが便利!
普通のドライバーでは手が疲れてしまうし、時間もかかってしまいます。




あまり使わないし、購入するのはちょっと…
って方は木材を購入したホームセンターで借りましょう。
工作室など、木材を購入すると借りれたりします。

有料のところもあるため確認してから利用してくださいね。

【ベッド収納DIY工程⑤】タイヤハウスを組み立てよう!

右側だけタイヤハウスを作りました。
強度upのためです。

手順①基礎となる枠作り

四角い枠を2×4材を使って作ります。
2ヶ所をネジで留めましょう。

2×2材は幅が2×4材の1/2以下なので1ヶ所で十分です。



2つの天板を乗せる部分は、全て2×4材を使うよう設計しました。
天板を乗せる部分が小さいと、板がたゆみ強度も下がってしまいます。



2×4材を使った枠組みをタイヤの前後にくるよう2つ作ります。

手順②奥行きを作る

2×2材で奥行きを出します。
枠組みの4つ角に垂直に2×2材を取り付けます。


ネジが届かないので、ここはステーを使います。
こんな感じで4ヶ所取り付ける。



これを枠組み2つともに行います。

手順③間に柱を入れる

奥行きを出した木材が浮いている状態。
この間に柱となるよう2×2材を挟み、ネジで留めます。



もうひとつの枠組みも同様にネジで留める。
すると乗っても大丈夫な強度に!


上からみるとコの字型になっています。

前部分

後ろ部分

手順④2つの枠組みを繋げる/脚をつける

できたコの字型の2つを繋げます。

2×2材側は2×2材で繋げ、ネジで留める。
2×4材側は2×4材で繋げますが、ネジが届かないのでステーで留めます。


2×4材の方は荷重がかかるため、2×4材を使って足を2つ追加しました。
こんな感じです。

真ん中部分

脚を2つ追加

手順⑤側面を塞ぐ

このままでは中が丸見えなので、側面をベニヤ板で塞ぎます。
塞ぐだけなので薄くて軽いベニヤ板を使いました。


前後と左側だけ塞ぐ。
右側は車内の壁ということで塞がず。

これでタイヤハウスの完成です。
3つBOXがあると思いきや、中で繋がっています。
これなら、なんでも入れられそうです!

【ベッド収納DIY工程⑥】収納BOXを作ろう1

続いて、前方部分の収納BOXを作ります!

手順①枠組みを作る

タイヤハウスの手順1と同じように枠組みを作る。

収納BOXでは四角い枠組みを2つ作ります。
2×2材と2×4材を使い、それぞれ1つずつ枠組みを作成。

手順②枠組みを繋げる

①で作った枠組みを2×2材/2×4材で繋げます。
ネジとステーで留める。
ネジが届くところはネジで留めます。
届かないところはステーを!


2×2材が3本、2×4材を1本使用。
繋げるとこんな感じになります。


なぜ1本だけ2×4材なのかというと、2つの天板が乗る境目だからです。
ちなみに境目は左側に来るため左側の上を2×4材で繋げました。

手順③前方の側面を塞ぐ

荷物が見えてしまうため前側の側面をベニヤ板で塞ぎます。


ちなみに2×4材で作った枠組み側が後方になります。
後方側に天板の境目がくるからです。

これで収納BOXの完成です♪

【ベッド収納DIY工程⑦】平均台を作ろう!

大きな収納スペースを確保するため左側は平均台のみで天板を支えています。
平均台はこちら!

これを2つ作りました。
収納BOXがあるため、1つは短めです。

平均台は全て2×4材を使用しました。

手順①脚を作る

強度に不安がある。
けど、スペースを広く保ちたい!
ということで、2×4材を2つくっつけて作りました。


ボンドで仮留めしてから、ネジでくっつけました。
なかなか太い脚ができた!

手順②台を乗っける

2つの脚に台を取り付けます。
1つの脚につき、ネジで2ヶ所留めるとしっかり固定されます。


台は1本は180cmとベッドの縦Maxに作り、もうひとつは収納BOXとぶつかるため110cmで作成。

これで左側は完成!
この部分が一番作るの楽でした。

【ベッド収納DIY工程⑧】ベッドになる天板の作成!

収納スペースの蓋兼ベッドの天板を作っていきます。
完成品がこちら!

色を塗る前

穴の部分

合板に下書きをし、カットするだけ!
断面のヤスリがけを忘れずに。


収納スペースにアクセスしやすいよう、天板に穴をあけました。
穴を開けると、天板を持ち上げやすくなります。

天板の裏は補強しよう!
天板の大きさが、大きければ大きいほど上に乗るとたゆみます。
私たちは大きい天板に補強をしました。

【おまけ:細工DIY】ベッドの天板が机と椅子に早変わり!

天板を外に出して机や椅子になるよう細工しました。
机は車中でも使用でき、掘りごたつ風に早変わり!

完成図がこちら♪

屋外仕様

車内仕様



中でも外でも使えて一石二鳥!



脚は折れ脚金具を使用しているため折りたたみが可能に!
そのため、ちゃんと収納スペースも確保できています。

作り方を簡単に紹介♪

天板裏に脚を取り付けるようの四角い枠組みを作ります。
枠組みをネジで留めたら、4つ角に折れ脚金具で脚を装着するだけ!

折りたたむ時に脚がぶつからないよう、付ける位置に注意してください。
私たちはぶつからないよう、枠組みの横に添え木をし、左右ずらして脚を付けました。

最後に

DIY初心者でもなんとかベッド兼収納スペースを作ることができました。

水平に保つことや、木材を真っ直ぐ切ることが難しかったです。
身の回りにあるものが、どれだけ正確に作られているのかを実感しました。


傾いている机なんてありません。
脚の長さが違う椅子なんてありません。


物を作っている方々に感謝です!

かなかず夫婦
かなかず夫婦

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました