山梨の日帰り温泉

【日帰り温泉】ホテル神の湯温泉で半額で入浴する方法をご紹介♪【山梨県甲斐市】

2020年7月1日

今回は、山梨県甲斐市にある『ホテル神の湯温泉』の日帰り温泉を紹介します。

こんな人におすすめ!

  • 山梨県甲斐市で利用できる日帰り温泉が知りたい!
  • ホテル神の湯温泉について知りたい!
  • お得に入れる方法を知りたい!

かなき

通常1000円の入浴料が500円で利用できるよ!

割安で利用する方法と、日帰り温泉について紹介していくよ!

かずき

ホテルの日帰り温泉は、割高なイメージですが、半額で利用する方法があります。

記事の内容

  • ホテル神の湯温泉の日帰り温泉について
  • 割安に利用する方法

この記事を読んで、ホテルの日帰り温泉を割安で利用しましょう!

【日帰り温泉】山梨県甲斐市にある『ホテル神の湯温泉』

今回利用した温泉は、山梨県甲斐市にある『ホテル神の湯温泉』です。
ホテルなのですが、日帰り入浴をやっています。

日帰り入浴ですが、11:00-23:00までやっているので、夜遅くにも利用が可能です。

【日帰り温泉】ホテル神の湯温泉をレポート!【山梨県甲斐市】

平日の17時ごろ利用しました。
高齢の方から赤ちゃんを連れたお母さんまで、利用者の年齢は幅広いです。

かなき

私たちが利用していた時間帯は、女性風呂は10人程度(日帰りと宿泊者合わせて)。
男性風呂も15人程度入浴していました。



浴室は広く、混雑している感じはありませんでした。
ただ、26日風呂の日のため、利用者は多く、入れ替わりが多かったです。

半額で利用する方法

26日フロの日は、入浴料半額の500円で利用できます。

毎月26日に利用しましょう!

駐車場について

ホテルの駐車場を無料で利用できます。
ホテルの目の前と隣の空き地が駐車場になっています。

ホテル前
空き地駐車場

空き地の方は砂利の駐車場です。

受付と施設案内

入口正面がフロントです。

ホテルに入ると、正面がフロントです。
フロントで受付をします。

利用した日がちょうど26日だったため、利用料金が半額500円でした。

風呂の日キャンペーン

料金は、フェイスタオル込みの値段です。
料金を支払った後、フェイスタオルを受け取ります。

フェイスタオルはレンタルのため、入浴後、更衣室の入口の回収ボックスに返しましょう!

タオル入れ

タオルは持ち帰らないようにしましょう!

かずき



浴室まではスタッフの方が案内してくれます。


フロント前に売店とラウンジがあります。
ラウンジで休憩でき、待ち合わせもできます。

更衣室前の廊下には無料のウーロン茶も置いてあります。

無料ウーロン茶
かなき

お風呂上がりに冷たいお茶は、格別だね♪

更衣室について

宿泊者と日帰り入浴利用者で更衣室が分かれています。

1番手前から日帰り入浴男性更衣室、真ん中が宿泊者の更衣室、1番奥が日帰り入浴女性の更衣室になっています。


更衣室入口で靴を脱ぎます。
靴のロッカー等はないので、脱ぎっぱなしになります。

男湯更衣室入口
女湯更衣室入口

靴の履き間違えに注意しましょう!

かずき



ロッカーは、100円返却式コインロッカーがあります。
洗面台には、石鹸やクレンジング等のアメニティが完備されています。

ドライヤーは2つしかないので、タイミングが悪いと待たなければいけません。

かなき

ドライヤーの威力は強いからすぐ乾くよ!

お風呂に関して

入口に飲泉所があります。

温泉が飲めるよ!

かずき


飲泉所には1日に飲んで良い量や効能などが書かれています。

ポイント

ph8.4の弱アルカリ性の温泉なのでほのかに苦みがあり、少ししょっぱさもあります。
気になる方は訪れた際に飲んでみてください♪



湯船は、7種類あります。

浴槽の種類

  1. 露天風呂
  2. 信玄湯
    武田信玄が好んだぬるめの湯
  3. 寝湯
    浅めの浴槽
    ゆったり寝ながら入浴できます。
  4. うたせ湯
    ふりそそぐお湯で肩や背中、腰をマッサージできる温泉。
    on/offのボタンがあり、使用する際は各自でボタンを押します。
  5. 上がり湯
    湯上がり前に入る温泉
    少し熱めのため、湯上がり後のポカポカ感が違います。
  6. バイブラ風呂
    湯船の底から湧き出てくる気泡に包まれて、全身リラックスできます。
    on/offのボタンがあり、使用する際は各自でボタンを押します。
  7. リラックス風呂
    ゆっくり手足を伸ばせて入れるお風呂。
    源泉の湯にゆっくり浸かれます。



お湯の温度は36〜42度

温めの湯船は36〜38度で、長湯には最適です。

かなき

上がり湯が1番熱く、42度!


露天風呂からは庭園が見えます。

浴室内には、おすすめの湯船に入る順番が書いてあります。
3種類の湯に入り、最後は必ず上がり湯で締めると良いみたいです。
詳しくは、実際に神の湯に行ってみてください!

日帰り温泉でも貸し切り風呂が利用可能!

当日予約になりますが、日帰り温泉でも貸し切り風呂が利用できるとのこと!
貸し切り風呂は3種類もあります。

貸切風呂

1.卵形蒸し風呂付家族風呂
室温35度程度の心地よい卵型蒸し風呂。
石風呂付温泉もついているのでダブルで楽しめます。

2.大きな樽のお風呂
関東では2番目に大きな高野槙を使用して作られた大きな樽風呂です。

3.洞窟風呂
洞窟の雰囲気と隠れ家的な要素を備えたお風呂。最大で20名まで入れる大きさ。


予約方法や詳細、料金は公式サイトをご覧ください。
https://www.kaminoyu-onsen.com/spa/spa-day/

【日帰り入浴】ホテル神の湯温泉は毎月26日に利用しよう!

ホテル神の湯温泉

ホテル神の湯温泉は、風呂の日=26日は、半額で日帰り入浴が利用できます

通常1000円だよ!

かずき

利用してみたいという方は、26日に利用するのがおすすめです。

駐車場に停まっている車は圏外ナンバーが多く、観光客が多めでした。
なので、入浴しにくい雰囲気は一切ありません。

かなき

お湯の温度がさまざまだから、好みの温度のお湯に入れるよ!

ぬるめの湯船でゆったり長風呂が最高!


ホテル神の湯温泉では、他にもキャンペーンをしています。
詳しくはホームページ、またはホテルに問い合わせしてください。

キャンペーンについて

ポイント

日帰り温泉は、タオルもついてきます。
アメニティも完備されているので、手ぶらでも利用できます。

【日帰り温泉】神の湯温泉の情報

名称絶景を独占できる湯宿 ホテル 神の湯温泉
住所山梨県甲斐市竜地17番
駐車場あり 無料
営業
時間
11:00-23:00
(最終受付21:30)
利用
料金
大人1,000円
小人(4歳以上)700円
3歳以下無料
料金はタオル込みの値段
ドライ
ヤー
あり 無料
アメニ
ティ
あり
Web
サイト
こちら

*2020年6月時点の情報です。

【おまけ】日帰り温泉スポットと車中泊スポット

日帰り入浴スポットはこちらからどうぞ▽

車中泊スポットはこちらからどうぞ▽

スポンサーリンク

-山梨の日帰り温泉