【日帰り温泉】青森県大間町にある『おおま温泉海峡保養センター』を利用しました。

全国日帰り温泉の紹介
かなかず夫婦
かなかず夫婦

2020年10月の平日に利用しました。

津軽海峡フェリーで北海道から本州に戻った際におおま温泉海峡保養センターを利用しました。
内湯とサウナがあるだけのシンプルな造りです。

日帰り温泉と宿泊ができる施設です。

【日帰り温泉】おおま温泉海峡保養センターの場所はこちら♪

おおま温泉海峡保養センターは大間港から車で5分ほどのところにある本州最北端の温泉宿泊施設です。
津軽海峡フェリー大間ターミナルからも近く、フェリー乗り場からおおま温泉に直行している人もいました。

車で10分くらいのところに本州最北端・大間崎があります。
大間崎の近くに無料キャンプ場、大間崎テントサイトもあります。

【日帰り温泉】おおま温泉海峡保養センターをレポート!

おおま温泉海峡保養センターでは日帰り温泉・宿泊・お食事も楽しむことができます。
私たちは日帰り温泉を利用しました。

おおま温泉の泉質はナトリウムカルシウム食塩泉-塩化物泉です。
泉温は48.5度、ph7.0、無色透明の温泉です。

効能はリウマチ性疾患・運動器障害・創傷・慢性湿疹および角化症・虚弱児童・婦人病一般・更年期障害などがあります。

加水・加温はされていませんが、源泉量が少ないためろ過循環されています。
衛生面の観点から、塩素系薬剤で消毒もされています。

駐車場

駐車場は建物の前にあります。

駐車場

駐車場は無料です。
地元の方も多かったですが、県外ナンバーも多かったです。

受付

おおま温泉海峡保養センター入口には月の輪熊の剥製がお出迎え。

入口で靴を脱いで下駄箱に入れます。

下駄箱

券売機はなく、受付で入浴料金を支払います。
大人は1人400円です。

更衣室に行く前に貴重品は廊下にある、貴重品ロッカーに入れましょう。

貴重品ロッカー

100円リターン式のコインロッカーです。

更衣室について

更衣室の前に男女共通の洗面台があります。

洗面台

左が男湯、右が女湯になっています。
更衣室内にはドライヤーはなく、こちらの洗面台に1つあるだけです。

ドライヤーは有料で5分50円です。
50円玉専用。ない場合は受付で両替してくれます。

コンセントがありますが、私物のドライヤーは禁止とのこと。


更衣室はは棚とかごがあるだけです。

かごはまとめて置いてあります。
利用後は元の場所に戻しましょう。

更衣室内にも洗面台はあります。

洗面台

ドライヤーは更衣室の外にある有料のドライヤー1つだけです。


更衣室内はそこまで広くありません。
建物が古いためか、薄暗い雰囲気でした。

お風呂に関して

浴室はとてもシンプル、大浴槽・サウナ・水風呂があるだけです。
大浴槽は広々としています。


サウナはテレビがついており、のんびりゆったり利用できます。
サウナマットもあります。

サウナでは寝て利用している人がいたり、水風呂にペットボトルを入れて冷やしている人もいました。
マナーがあまり良くないと感じました。


洗い場はシャワーが15ヶ所くらいあります。
シャワーは自動で止まるタイプ。シャワーの圧は弱めですが、出ている時間が長いです。
シャワーから出ているお湯も温泉のにおいがしました。

アメニティはリンスインシャンプーとボディソープ完備。

施設案内

受付の隣にはお土産品があります。

お土産品

大間の海産物を使用したお土産が多かったです。

ゲームコーナもありました。

ゲームコーナー

椅子の休憩スペースと広間もありました。

椅子の休憩スペース
広間

自動販売機も多く設置されていました。

宿泊スペースやレストランは利用していないため写真等はありません。

【日帰り温泉】おおま温泉海峡保養センターを利用した感想

おおま温泉海峡保養センターは大浴場とサウナ・水風呂しかないシンプルな温泉です。
浴槽が広々しているため、ゆっくりのんびり入浴することができます。

ただ、浴室やサウナよりも洗い場のスペースの方が広いことが気になりました。
サウナで寝ていたり、みんなが利用する水風呂にペットボトルを入れて冷やしているところもマナーが悪いと感じました。

ドライヤーはありますが、50円かかり、1つしかない点も不便でした。
受付の方が快く両替してくれたところはよかったです。

【日帰り温泉】おおま温泉海峡保養センターの情報

名称おおま温泉海峡保養センター
住所青森県下北郡大間町大間内山48-1
駐車場あり 無料
営業
時間
8:00-21:00
最終受付20:30
利用
料金
大人(中学生以上)400円
小学生330円
幼児170円
アメニ
ティ
あり
有料でレンタルタオルあり
ドライ
ヤー
あり 有料
5分50円
受付で両替可能
Web
サイト
こちら

【おまけ】日帰り温泉と車中泊スポット

日帰り温泉スポットはこちらからどうぞ▽

合わせて読みたい

おおま温泉海峡保養センターから車で10分のところに『大間崎テントサイト』という無料キャンプ場があります。
サイト内に車の乗り入れはできませんが、フェリー乗り場にも近く、立派な炊事棟がありトイレもきれいです。
キャンプ・車中泊にオススメです。

車中泊スポットはこちらからどうぞ▽

最後に

私たちは北海道から津軽海峡フェリーで本州に帰って来たときにおおま温泉海峡保養センターを利用しました。
宿泊もでき、日帰り温泉も利用することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました