岐阜の日帰り温泉

【日帰り温泉】おおの温泉は日帰り温泉・プール・ジムが利用できる複合施設!【岐阜県大野町】

2020年12月31日

今回は、岐阜県大野町にある『おおの温泉』を紹介します。

こんな人におすすめ!

  • 岐阜県大野町で利用できる日帰り入浴施設が知りたい!
  • 温泉に入りたい!
  • おおの温泉ってどんなところ?

かなき

おおの温泉は、温泉以外にも楽しめる施設だよ!

『おおの温泉』は入館料だけで、温泉・プール・ジムが楽しめる複合施設です。
大人1人600円で全ての施設が利用できるので、とてもお得です!

記事の内容

  • おおの温泉の泉質
  • おおの温泉の設備
  • 利用した感想

この記事を読めば、一見でも迷うことなく、おおの温泉を利用することができます。
岐阜県大野町を訪れる際は、利用してみてください♪

【日帰り温泉】岐阜県大野町にある『おおの温泉』

おおの温泉は、温泉・プール・ジムがある複合施設です。
建物は畑の中にあり、三水川沿いに建っています。

施設内には、お食事処や休憩スペース、癒し処もあり、1日のんびり利用することもできます。

【日帰り温泉】おおの温泉をレポート!

おおの温泉では、2つの源泉を一度に堪能することができます。

内風呂の大きい方は谷汲温泉の源泉、露天風呂と内風呂の小さい方はおおの温泉の源泉が使用されています。



谷汲温泉は保湿効果が高く、お肌がしっとりツルツルになることから『美肌の湯』と言われています。
泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉(低張性弱アルカリ性冷鉱泉)です。

適応としては、筋肉痛・関節痛・神経痛・腰椎症・五十肩・胃腸機能の低下・自律神経不安定症などがあります。

泉質別の適応としては切り傷・末梢循環障害・冷え性・皮膚乾燥症があります。



館内にある、プールでもおおの温泉の源泉が使用されています。
お風呂・プールともに加水はされていません。
適温に保つために加温はされています。

温泉資源の保護と衛生管理のため循環ろ過装置を使用、塩素系薬剤も使用されています。


駐車場

建物前に無料駐車場が完備されています。

駐車場

収容台数は100台です。

受付

館内は土足厳禁です。

下駄箱があるので、靴は下駄箱に入れましょう。

下駄箱

券売機で、入館券を購入します。

入館権で温泉・ジム・プール・卓球の全ての施設を利用することができます。

券売機

入館料は大人1人600円です。
レンタルタオルや、プールの道具もレンタルすることができます。


入浴券を受付に出します。

注意

ジム・卓球・プールを利用したい人は受付で名簿に記入しましょう。

卓球は2台しかないため、予約制で制限時間があります。
混んでいなければすぐに利用できます。



施設は新しく、全体的に綺麗です。
温泉の入口は、施設入口より左側にあります。

更衣室について

更衣室

更衣室は広く、清潔感があります。
ロッカーは全て鍵付きのロッカーです。

洗面台が3ヶ所に分かれていて、混雑しません。

ポイント

水道・ドライヤー(無料)・パウダーコーナーに分かれています。

パウダーコーナーの部分にはコンセントがあり、持参したドライヤーやアイロンを利用することができます。


ティッシュや綿棒も置いてあり、近くには個々にゴミ箱も用意されています。

お風呂に関して

浴室は明るく、清潔感があります。
浴槽は、種類が多く、内湯・ジャグジー・露天風呂・打たせ湯・水風呂・サウナがあります。

サウナと水風呂は露天にあり、外気浴もできるようになっています。

かなき

サウナは、温度が80前後と少し温度が低かったよ。


露天は屋根がないため、雨天の場合は床が滑りやすいので注意してくださいね。




露天風呂はおおの温泉、内湯は谷汲温泉です。

おおの温泉は長時間入浴するよりも、短時間の入浴を繰り返す方が、身体の芯からあたたまり、湯冷めしにくいとのこと。




洗い場は、シャワーが自動停止式ではないので、使いやすいです。

自動停止しないから、水の止め忘れには注意!

かずき


アメニティは、リンスインシャンプー・コンディショナー・ボディソープがあります。

おおの温泉の施設案内

おおの温泉にはさまざまな施設があります。


受付前では新鮮な野菜や果物が販売されています。

1階には、畳の休憩スペースやソファがあり、ゆっくりくつろぐことができます。

畳の休憩スペースには枕や膝掛けなども用意されています。

お食事処や癒し処もあります。

お風呂後に、食事をしている人が多かったです。
高機能のマッサージチェアが置いてあります。

受付より右側に渡り廊下があり、1階にプール、2階にジムと卓球台があります。

プールの注意事項

渡り廊下に利用時の注意事項があるので、一読してから利用しましょう。

かなき

利用するには、受付で名簿に記入する必要があるよ。

忘れずに記入しよう!



ジムには、本格的なトレーニング機器が置いてあります。

ジムを利用する際には、運動靴が必要です。
ジムを利用したい人は忘れずに持参しましょう。

卓球は予約制です。

Max1時間利用できるよ!

かずき
卓球台

卓球の道具は、受付で受け渡しです。
利用後も忘れずに受付へ返しましょう。

プールは、お風呂とは別に更衣室があります。

かなき

鍵付きのロッカーがあるから安心!


更衣室内には、シャワーやドライヤーも完備されています。

25mプール・水中ウォーキング・ダイエットプール・子供用プールがあります。

25mプールは3レーンです。


そこまで広くないので、休日や時間帯によっては、混雑していて利用しにくいかもしれません。


プールを利用する際は、スイムキャップが必要です。
スイムキャップがない場合は、受付でレンタルが可能です。

おおの温泉では2種類の源泉が楽しめる!

おおの温泉は入館料だけで、温泉・ジム・プール・卓球を楽しむことができます。
プールにも源泉が使われていて、ジムも立派なのに、入館料大人1人600円です!

温泉は2つの源泉を一度に堪能できます


かなき

車中泊・バンライフをしている私たちは運動不足になりがち…。


運動もでき、温泉も楽しむことができるおおの温泉は車中泊者・バンライファーにおすすめの施設です。

入館料だけで全ての施設が利用できるよ!

かずき

【日帰り温泉】おおの温泉の情報

名称おおの温泉
住所岐阜県揖斐郡大野町相羽120-1
駐車場あり 無料
100台
営業
時間
○温泉
10:00-22:00 最終受付21:00
○プール
平日12:00-21:00 土日祝日10:00-21:00 
最終受付20:00
○ジム・卓球
10:00-21:00 最終受付20:00
休館日:毎週金曜日
利用
料金
大人(中学生以上)600円
小学生400円
幼児(小学生未満)200円
アメニ
ティ
あり
タオルやプールのレンタルセットあり
ドライ
ヤー
あり 無料
Web
サイト
こちら


*2020年11月時点の情報です。

【おまけ】日帰り温泉スポットと車中泊スポット

日帰り温泉スポットはこちらからどうぞ▽

車中泊スポットはこちらからどうぞ▽

スポンサーリンク

-岐阜の日帰り温泉