【車中泊スポット】世界遺産知床観光の際に道の駅うとろ・シリエトクで車中泊しました。

全国の車中泊スポット紹介
かなかず夫婦
かなかず夫婦

2020年8月の平日に利用させていただきました。

道の駅うとろ・シリエトクは世界自然遺産知床の玄関口に位置しています。知床観光の拠点にオススメの道の駅です。
駐車場は広く、平らなため車中泊しやすかったです。
また、周囲に日帰り温泉施設やお食事処、コンビニ、スーパー、コインランドリーもあり、非常に利便性がよかったです。

道の駅でのキャンプ行為は厳禁。マナーに関しての張り紙が道の駅の至るところにありました。
キャンプがしたい方は近くに国設知床野営場があるのでそちらを利用してください。

【車中泊スポット】道の駅うとろ・シリエトクの場所はこちら!

道の駅うとろ・シリエトクは国道334号線知床横断道路沿いにある道の駅です。
道の駅からは知床五湖や知床峠、プユニ峠展望台などへアクセスしやすく、知床観光の玄関口に位置しています。

道の駅の名前についている「シリエトク」とは、アイヌ語で『陸地・大地の先端・前』という意味です。ここでいう大地の先端とは知床半島のことを指しているそうです。

道の駅の周辺には日帰り温泉施設やスーパーなどがあるため、知床観光の拠点にオススメです。

*334号線知床横断道路は冬期間(11-4月)は通行止めになるため注意。

公共駐車場での車中泊は「仮眠・休憩」が原則です。長期滞在やキャンプ行為は厳禁!
ルールやマナーを守って利用しましょう。

車中泊禁止の看板があるところでの車中泊はやめましょう。

【車中泊レポート】道の駅うとろ・シリエトクの駐車場の様子

道の駅うとろ・シリエトクには18時前につきました。
道の駅が閉まる時間間近なのに、駐車場には20台以上の車がありました。

半分は車中泊利用、もう半分は釣り人でした。

駐車場の様子

駐車場は広く、平らです。
ひとつひとつの駐車スペースは狭いですが、収容台数が多いので、他の利用者と間隔をあけて駐車することができます。

ウトロ港に近いため、道の駅に車を置いて釣りに行く人が多く、夜中でも車の出入りがありました。
道路沿いで車通りは少ないですが、釣り人の車の出入りの音が気になる人がいるかもしれません。

夜の駐車場の様子

夜は街灯がつくため、明るいです。トイレまでの移動も明るので安心して行けます。
街灯がたくさんついていましたが、虫はあまりいませんでした。


電波状況は主要キャリアの電波は良好、ポケットWi-Fi『WiMAX』の電波はイマイチでした。



道の駅利用のマナーについて掲示がしてあるからか、道の駅うとろでは駐車場で椅子や机を広げている人はいませんでした。
道の駅での車中泊が禁止にならないように、一人ひとりがルール・マナーを守って利用していきましょう。

【車中泊レポート】道の駅うとろ・シリエトクの設備は?

トイレの様子

道の駅うとろ・シリエトクの24時間トイレはとてもきれいでした。
マナーの悪い利用者が多かったのか、様々な張り紙が貼られていました。
また、手洗い場で食器を洗う人や魚を捌く人がいるため、手洗い場のところに監視カメラが設置してありました。

公共のトイレなのでルール・マナーを守って利用したいですね。

多機能トイレは広々としていました。

多機能トイレ

トイレ内の電気は感知式です。中に入らないと明かりはつきません。


女性トイレの様子。

手洗い場
洋式トイレ

手洗い場の数が多いので、利用者が多くても混雑しないので良いですね。
トイレは洋式でウォシュレット付きでした。

男性トイレの様子。

立ち小便器
個室トイレ

男性トイレも広く、清潔感のあるトイレでした。

ゴミ箱と水道設備について

ゴミ箱は道の駅内にある自動販売機の横に缶・瓶・ペットボトルのみありました。

ゴミ箱

他のゴミは有料で回収してくれます。

知床周辺はヒグマの生息地です。ポイ捨てはしないようにしましょう。
熊は人間の食べ物の味を覚えると、人間の住む地域に寄ってきたり、人から食べ物を奪おうと襲ってきます。
お互いのためにも、ゴミはゴミ箱へ。


水道設備は見当たりませんでした。

道の駅うとろ・シリエトク内について

軽食コーナーやレストランがあります。
レストランでは知床の旬の食べ物を味わうことができます。
私たちが利用した日は定休日でした。

軽食コーナーで売っているコケモモソフトがオススメです。ほんのり甘く、すっきりとした味わいです。

軽食コーナー
レストラン

館内の自動販売機の横に充電スポットがありました。
有料ですが充電することができます。

充電スポット

道の駅館内には知床についての観光案内所もあります。展示パネルもあり、わかりやすかったです。

観光案内所

観光案内所の前には椅子もあるため、休憩することもできます。
レストランの反対側は売店になっています。

売店

地元の特産品が並んでいました。

【車中泊レポート】道の駅うとろ・シリエトク周辺の設備

道の駅うとろ・シリエトクの周辺には様々な施設がありました。

道の駅隣には知床世界遺産センターがあります。入館は無料

知床世界遺産センター

建物内には知床についての展示パネルや野生動植物についての紹介などがありました。

知床世界遺産センターの駐車場は営業時間外は駐車禁止という看板がありました。
しかし、釣り人たちはかまわず駐車している人がたくさんいました。


道の駅から道路を挟んだ反対側にはお食事処もありました。

お食事処


道の駅から歩いて2,3分のところにコインランドリーがあります。

コインランドリー

旅人には嬉しいスポットです。


道の駅近くのホテルでも日帰り入浴をやっています。

道の駅近くのホテル

道の駅から徒歩で行けるので、近場で済ませたい人には良いですね。


道の駅から徒歩5ー10分のところにはスーパーやコンビニがあります。

道の駅周辺はとても充実していました。
車中泊している私たちにとって、スーパーやコインランドリーが近くにあるのはとても助かりました。


キャンプをしたい方は道の駅から車で5分くらいのところに国設知床野営場が近くにあるので、そちらを利用してください。

【車中泊レポート】道の駅うとろ周辺の観光スポット!

道の駅うとろ・シリエトクから徒歩で行ける観光スポットがあります。
それはゴジラ岩オロンコ岩です。

ゴジラ岩はゴジラ感があまりわかりませんでした。

ゴジラ岩
オロンコ岩からの景色


オロンコ岩はぜひ登ってほしいです。*オロンコ岩の全体像を撮り忘れました。
ウトロ港近くにある高さ60mもある巨大な岩です。
昔、この辺りに住んでいた先住民族「オロッコ族」から、オロンコ岩とつけたそうです。

170段あまりの急な石段を登っていくと頂上は平らです。
頂上からは青くすんだオホーツク海や知床連山を見わたすことができます。


道の駅から国道334号線を斜里市街のほうに10分進んだところにオシンコシンの滝という所があります。
アイヌ語で「エゾマツが群生するところ」という意味があるそう。
駐車場から歩いて3分で滝に到着します。

滝の中腹部分の高さまで階段を上り、間近で滝を見ることができます。

オシンコシンの滝

水しぶきがすごかったです。落差は80m程あるので迫力満点です。
途中から流れが2つに分かれていることから『双美の滝』とも呼ばれています。


世界自然遺産知床も観光しました。
道の駅から知床五湖までは20分程度、カムイワッカ湯の滝までは40分程度で行くことができます。

【車中泊レポート】道の駅うとろ・シリエトク車中泊した感想

道の駅うとろ・シリエトクは駐車場も広く平らなため寝やすかったです。
道路沿いの道の駅ですが、車通りも少ないです。

ただ、釣り人も駐車場を利用しているため夜中でも車の出入りがあります。音に敏感な方は気になるかもしれません。
私たちは気にならず、熟睡でした。

道の駅周辺にはコンビニ、スーパー、日帰り温泉施設もあるためとても利便性がよかったです。
世界遺産知床の観光拠点にオススメの車中泊スポットです。

【車中泊スポット】道の駅うとろ・シリエトクの情報

名称道の駅うとろ・シリトエク
住所北海道斜里郡斜里町ウトロ西186-8
駐車場あり 24時間利用可
大型12台 普通車87台 身障者用2台
営業
時間
5-10月8:30-18:30
11-4月9:00-17:00
定休日:年末年始(12/29-1/3)
トイレあり
ゴミ箱缶・瓶・ペットボトルのみあり
営業時間内であれば有料でゴミの回収はしてくれる
水道なし
Wi-FiFree Wi-Fiあり
Web
サイト
こちら

【おまけ】日帰り温泉スポットと車中泊スポット

オススメ日帰り温泉

他の日帰り温泉スポットはこちらからどうぞ▽

他の車中泊スポットはこちらからどうぞ▽

最後に

道の駅うとろ・シリエトクは世界遺産知床にも近く、周辺の設備が整っているため旅人・車中泊の人にオススメのスポットです。
道の駅には車中泊目的ではなく、釣り目的の人も多数いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました