【車中泊スポット】函館市にある道の駅なとわ・えさんで車中泊しました。

全国の車中泊スポット紹介
かなかず夫婦
かなかず夫婦

2020年8月の平日に利用させていただきました。

私たちは水無海浜温泉を利用したくて、道の駅湯なとわ・えさんで車中泊をしました。
道の駅なとわ・えさんから水無海浜温泉までは車で20分です。

○水無海浜温泉とは
北海道函館市椴法華(とどほっけ)地区にある温泉です。温泉は活火山である恵山(えさん)の東斜面裾野の海岸線にあります。
入浴無料で、簡易的な更衣室も設置されています。

満潮時には湯船が海に浸かってしまうため、干潮時にしか入浴することができません。海水が入り混じることで、適温になります。

【車中泊スポット】道の駅なとわ・えさんの場所はこちら♪

道の駅なとわ・えさんは国道278号線沿いにあります。

恵山海浜公園キャンプ場に隣接している道の駅です。道の駅で受付をすれば、有料ですが、キャンプ場を利用することができます。車の乗り入れはできません。

道路の反対側ですが、近くに24時間営業のコンビニもあります。

『なとわ』とは、道南の方言で「あなたとわたし」という意味です。

公共駐車場での車中泊は「仮眠・休憩」が原則です。長期滞在やキャンプ行為は厳禁!
ルールやマナーを守って利用しましょう。

車中泊禁止の看板があるところでの車中泊はやめましょう。

【車中泊レポート】の駐車場の様子

案内図

私たちは夕方に道の駅につきました。

キャンプ場を利用している人が3組いました。キャンプ場は案内所で受付をしないと利用できません。
車の乗り入れもできないため、私たちはキャンプ場は利用しませんでした。

目の前の景色

道の駅は景色が良く、目の前は津軽海峡、遠方に恵山(えさん)を見ることができます。
浜辺が広がっていますが、遊泳禁止地区なので、海に入ることはできませんでした。


駐車場は2箇所。道の駅建物前と海浜公園側にあります。
私たちは道の駅建物側で車中泊をしました。

夜の駐車場の様子
夜の駐車場の様子

駐車場内には街灯があり、夜でも明るかったです。

国道沿いですが、夜は車通りも少なく、車の音は気になりませんでした。車の音よりも波の音の方がしましたが、そこまで気にならなかったので、ぐっすり眠ることができました。

駐車場はそこまで広くありません。傾斜は少しある程度。
私たちの他にも数台車中泊している人がいました。

キャンプをしている人もいたり、近くに24時間利用できるコンビニもあったので、防犯面は問題なさそうでした。

駐車場の街灯が明るく、数も多かったですが、虫はあまりいませんでした。


電波状況は主要キャリア、ポケットWi-Fi『WiMAX』ともに良好!
道の駅内にはFree Wi-Fiもありました。

【車中泊レポート】の設備は?

トイレの様子

トイレ

海浜公園側にもトイレはありますが、夜間は施錠されてしまいます。夜間は道の駅のトイレを利用してくださいと注意書きがありました。

道の駅なとわ・えさんのトイレは24時間利用可能です。

多機能トイレ

多機能トイレがありました。

女性トイレの様子。

手洗い場
個室トイレ

手洗い場には石鹸・アルコール消毒液がありました。
トイレは洋式トイレでウォシュレット付きです。


男性トイレの様子。

男性トイレ


トイレは小さく、数は少ないです。

ゴミ箱と水道設備について

ゴミ箱は道の駅建物内にありました。

ゴミ箱

道の駅なとわ・えさんの営業中にしか利用できません。キャンプででたゴミはお持ち帰りくださいと書いてありました。

水道設備はありませんでした。
キャンプ場を利用している方は炊事場が利用できます。

キャンプ場の炊事場

他のお客様は利用できません。
となっていましたが、犬の散歩にきた人たちは普通に使用していました。

物産品販売/休憩スペース

物産品販売では昆布がたくさん売ってました。道の駅なとわ・えさんに立ち寄る人はみなさん大体昆布を買っていました。

物産品の昆布

昆布の種類が多かったです。


物産品販売所の横には無料の休憩スペースがありました。休憩所から見る景色も最高です。

利用時間の案内
休憩スペース

休憩スペースの利用時間が決まっています。


道の駅駐車場の横にはお食事処もありました。


道の駅なとわ・えさんにはコインシャワーもありました。

コインシャワー

利用時間は9:00-17:00までです。有料で、使用する際には、案内所で受付が必要です。
道の駅でコインシャワーが使えるのは嬉しいですね。

キャンプ場

案内所

道の駅なとわ・えさんに隣接しているキャンプ場を使うにはこちらの案内所で受付が必要です。
こちらのキャンプ場は有料で、車の乗り入れはできません。

受付時間は9:00-17:45までとなっています。

【車中泊レポート】道の駅なとわ・えさんで車中泊した感想

駐車場内は街灯があるため明るく、暗いのが苦手なわたしでも安心してトイレに行けました。
道の駅なとわ・えさんから見る津軽海峡の景色が綺麗で、ずっと見ていました。

夜は車通りも少なく、ぐっすり眠ることができます。

コインシャワーもあるため、日帰り温泉スポットを探したり、移動する手間がないので、車中泊にはもってこいの道の駅でした。

【オススメスポット】干潮時にしか現れない『水無海浜温泉』

『水無海浜温泉』は道の駅なとわ・えさんから車で20分のところにあります。

干潮時にしか利用できない無料の温泉スポットです。
露天風呂になっていて、石でできている浴槽がいくつかあります。

湯船は肩まで浸かるほどお湯はなく、お腹くらいまでしかお湯がありませんでした。
苔が多く、滑りやすいので注意!

こちらのスポットは露天風呂に入るだけです。
洗い場などはありません。
公衆トイレと簡易的な更衣室はあります。更衣室は割と綺麗でした。

生まれたままの姿で入浴も可能ですが、恥ずかしい人は水着着用OKとのこと。
私たちは水着を着て入浴しました。


私たちが利用したときは干潮の時間帯が、5:00-12:00だったので、道の駅なとわ・えさんで車中泊をしてから水無海浜温泉に向かいました。
朝の5時に入浴したため、ぬるいというか、冷たいくらいでした。
他に利用している人はいませんでした。

詳しくはこちらの動画をご覧ください♪

【海が温泉という秘湯】二人で混浴を楽しむ!|バンライフ日本一周旅/28



入浴可能時間は函館市のホームページを参照してください。

【車中泊スポット】の情報

名称道の駅なとわ・えさん
住所北海道函館市日ノ浜町31-2
駐車場あり 無料 24時間利用可
大型3台 普通車105台 身障者用4台
営業
時間
9:00-18:00
トイレあり 24時間利用可
ゴミ箱あり
営業時間外は利用不可
水道
設備
水道なし
キャンプ利用者のみ炊事場が利用可
Wi-FiFree Wi-Fiあり
Web
サイト
こちら

営業時間は時期により変更になる場合があります。

【おまけ】日帰り温泉スポットと車中泊スポット

日帰り温泉スポットはこちらからどうぞ▽

車中泊スポットはこちらからどうぞ▽

最後に

キャンプ場は有料でしたが、景観もよく、しっかり手入れされていた芝生サイトだったので、キャンプ利用も良さそうでした。

道の駅なとわ・えさんは水無海浜温泉から近いので、水無温泉を利用したい人にはオススメの車中泊スポットです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました