【御朱印巡り】十二支干支の御朱印がいただける『西野神社』を参拝しました。

嫁の御朱印日記
かなき
かなき

2020年9月に参拝しました。

北海道札幌市にある西野神社を参拝しました。
西野神社では十二支干支御朱印がいただけます。

【御朱印巡り】西野神社の御朱印はこちら♪

御朱印

私は西野神社を初めて参拝したので、通常の御朱印をいただきました。
中央上部に押してある判子の狛犬が可愛らしい御朱印です。

9月に御朱印を頂いたので、背景の絵柄が紅葉の葉柄になっています。
四季に応じて背景の絵柄が変わります。
冬は雪の結晶柄になるそうです。

初穂料は300円です。

西野神社では他にも干支、十二支の御朱印をいただくことができます。
詳しくは下記で紹介しますね。


西野神社の御朱印は昨年より書き置きのみの対応となっています。
御朱印ブームの影響で社務所の業務が滞ってしまうことが多々あったようです。
西野神社のオリジナルの御朱印帳を受けられた場合には、最初のページにのみ直接御朱印をいただけるとのこと。

開運招福縁起十二支朱印

西野神社では十二支朱印といって、十二支の御朱印をいただくことができます。
十二支はそれぞれが動物神と重ね合わされ、十二支をそれぞれ形どった動物の置物はその一年間の縁起物・厄除けとして、古くから飾られる風習があります。

創祀120周年の記念に神社拝殿に十二支木彫が取り付けられたのを記念して十二支朱印ができました。
自分の干支はもちろん十二支全ての御朱印をいただくことができます。


十二支全ての御朱印を受けられた人には特別な御朱印『吉祥来福』の御朱印がいただけるそうです。
こちらの特別な御朱印は御朱印帳に直接いただくことができます。

十二支それぞれの動物神についての詳しい説明は西野神社のホームページをご覧ください。
http://nishinojinja.or.jp/%E8%A5%BF%E9%87%8E%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85/%E5%90%89%E7%A5%A5%E6%9D%A5%E7%A6%8F/

【御朱印巡り】西野神社のご由緒

西野神社は明治18年、西野開発のため入地した5戸の移住民により、小祠を建立し、豊玉姫命と他二神を祀り、信仰したことが始まりです。

近村右股、左股、広島の三部落に奉祀する小社を合わせて、明治33年に西野神社としました。
昭和60年に創祀100年を迎えました。

御祭神

○豊玉姫命とよたまひめのみこと
海の神。巫女神。
『大綿津見神おおわたつみのかみ』の娘。
開運厄除・縁結び・安産・海上安全の神


○鵜草葺不合命うがやふきあえずのみこと
豊玉姫命とよたまひめのみことと日子穂穂手見命ひこほほでみのみことの1人息子。
神武天皇の父。
縁結び・安産・子育ての神


○誉田別命ほんだわけのみこと
八幡大神の一神。
5世紀前後の第15代天皇応神天皇である。
第14代仲哀(ちゅうあい)天皇の第4皇子、母は神功(じんぐう)皇后。
出陣祭/戦勝祈願・漢字/文学/裁縫/呉服の神

ご利益

西野神社は安産・縁結び・厄除け・勝運上昇にご利益があると言われています。
御祭神である豊玉姫命と日子穂穂手見命はそれぞれ海の神と山の神、本来なら結ばれるはずのない2人が結ばれたことから、特に縁結びのご利益があると言われています。

安産や子宝、縁結びにご利益があると言われているので、女性の参拝者が多いんだそう。

【御朱印巡り】西野神社をレポート!

参拝は鳥居からスタート!

鳥居

鳥居の前で一礼。鳥居をくぐり参道を進みます。

参道を進むと、狛犬がお出迎え。
神社の狛犬は守護と魔除のために置かれています。

吽像
阿像

西野神社の狛犬はシャープな狛犬です。
二匹で一対の狛犬は一方が口を開け、一方は口を閉じて『阿吽あ・うん』を表しています。


狛犬たちの近くに槐(えんじゅ)の木がありました。

えんじゅは名前が「縁就」「延寿」に通じることから『縁が成就する木』『長寿の木』として大切に扱われてきたそうです。
古事記のエピソードから『安産の守り神』として信仰されています。
庭の北に植えると魔除の効果があるんだそう。


さらに参道を進むと、神輿殿がありました。

神輿殿

神輿殿には昭和50年奉製の京神輿と平成13年奉製の江戸神輿・平成20年奉製の子供神輿・太鼓山車が納められています。

隣には儀式殿があります。

儀式殿

儀式殿は神前結婚を執り行ったりするときに使用されます。

参道の途中に手水舎があるので、手と口を清めます。

手水舎
手水舎の中

手水舎の水の中に金魚の模型がいました。
遊び心があっていいですね。

西野神社の社殿は神明造りです。

拝殿

こちらで参拝。
写真ではわかりませんが、平成17年に創祀120年を祝して拝殿に十二支の木彫が取り付けられました。
それを記念して十二支朱印が作られ、人気の御朱印になりました。

拝殿の左側が授与所になっており、お守りやおみくじがあります。
お守りの数がとても豊富です。

授与所の前に創祀120周年記念碑があります。

創祀120周年記念碑

こちらの記念碑は子宝・安産・健康祈願の記念碑です。
中央に親犬、それを囲うように子犬がいます。子犬にはそれぞれ干支の印があります。

子宝を祈願する場合は、中央にいる親犬をなでて祈願します。
安産を祈願する場合は、生まれてくる子供の干支の子犬をなでて祈願します。
健康を祈願する場合は、自分の干支の子犬をなでて祈願します。

私は健康祈願しました。

健康祈願

子犬の上にお賽銭を置いている人たちもいました。

御朱印は社務所でいただけます。

社務所

社務所は拝殿の右側にあります。
御朱印をくださいというと、通常の御朱印がいただけます。

十二支干支の御朱印をいただきたい場合は、『十二支朱印』をくださいと声をかけましょう。

【御朱印巡り】西野神社の情報

名称西野神社
住所北海道札幌市西区平和1条3-1-1
駐車場あり 無料
受付
時間
9:00-17:00
Web
サイト
こちら

【おまけ】嫁の御朱印日記

私が今まで訪れた寺院・神社について、御朱印について記念にまとめています。
よかったらご参照ください♪

最後に

西野神社境内にある創祀120年周年記念碑の犬の像がかわいくてかわいくて何回も写真を撮ってしましました。
自分の干支の子犬をなで、記念に十二支干支御朱印をいただいてみてはいかがですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました