【御朱印巡り】厄除け大師で有名な川崎大師を参拝!

嫁の御朱印日記
かなき
かなき

2020年6月に川崎大師を参拝しました。

川崎大師は寺院になります。
大師とは”仏・菩薩”のことを指します。

諸々の厄災を削除する厄除大師として有名です。
総本山は京都東山七条にある智積院になります。

川崎大師境内でもらえる御朱印は3種類!

御朱印とわたし

境内では3種類の御朱印をいただくことができます。
大本堂・不動堂・薬師殿の3種類です。

川崎大師平間寺の御朱印は大本堂と護持志納受付所
大聖不動明王の御朱印は不動堂
薬師如来の御朱印は薬師堂
以上、それぞれの場所で御朱印をいただくことができます。


境内の外で、自動車交通祈祷殿でも御朱印をいただくことができます。

御朱印をいただける場所はこちら!

公式サイトより引用

境内は広いので迷子になりそうですね。

川崎大師:金剛山 金乗院 平間寺の【歴史】

大本堂

川崎大師として有名ですが、正式名称は金剛山 金乗院 平間寺(こんごうさん きんじょういん へいけんじ)と言います。

宗派は真言宗で、開創は1128年になります。

平間兼乗(ひらまかねのり)という武士が無実の罪により故郷尾張を追われ、この川崎の地に漁猟をなりわいとして暮らしていました。
兼乗は仏教を信仰し、特に弘法大師を崇信していました。

漁で弘法大師の木像を見つけ持ち帰り、きよめて供養したのがはじまりとされています。
後に高野山の尊賢上人(そんけんしょうにん)と力を合わせ、大治3年(1128年)にお寺を建立しました。

御本尊:厄除弘法大師(やくよけこうぼうだいし)

弘法大師とは、真言宗の開祖である空海のことです。
親しみを込めて、『お大師さん』と呼ぶ方もいます。
平安時代に真言宗を開き、今日では14,000件ものお寺で信仰されています。

空海は生前、広く教えを広め人々を救った功績から、死後に【弘法大師】という名前が与えられました。

空海の教え真言密教は、1人1人の人間が現世の迷いから「心の目」を開き、現実の生活の中に仏(目覚めた人間)となることを説いた『即身成仏』の教えです。

【御朱印巡り】川崎大師をレポート!

大山門

入口の門・大山門は開創850年の記念として昭和52年に建立されました。
門の四方にいる四天王像は京都・東寺の国宝の四天王を模刻したそう。

東に持国天像(じこくてん)
西に広目天像(こうもくてん)
南に増長天像(ぞうちょうてん)
北に多聞天像(たもんてん)
が奉安されています。

四天王像とパシャリ♪

門の中心には大きな提灯がありました。

参拝の前にお水屋で手と口を清めます。

お水屋

感染防止対策のため水は出ていませんでした。

献香所

献香所(けんこうじょ)の煙で心身を清めます。
煙を身体の悪い部分に当てると良いと言われています。

清め終わったら、大本堂へ!
大本堂で静かに手を合わせて祈願

祈願中

祈願し終わり、大本堂の隣にある護持志納受付所で御朱印をいただきました。

護持志納受付所

他のスポットもいくつか回りました。
経蔵にはお経の本がたくさん置いてありました。

経蔵
天井画

経蔵の天井には『飛天・双龍』の見事な天井画がありました。


『祈りと平和の像』と『八角五重塔』

一緒に祈りのポーズ

最後にやすらぎ橋を渡り、川崎大師を後にしました。

やすらぎ橋

おまけ:川崎大師に行ったら食べて欲しい【住吉の久寿餅】

川崎大師を背にし、すぐ右手にある『住吉』の久寿餅は、川崎大師に参拝にきた際にはぜひ食べてもらいたい和菓子です。

『住吉』は大正6年創業の100年程の歴史がある老舗和菓子屋さんです。
川崎大師からすぐ、黄色い看板が目印です。

「久寿餅くずもち」は、13ヶ月もの間発酵させた小麦粉のデンプンを原料としています。
独特の食感と風味があります。
きな粉と黒蜜をたっぷりかけて食べると最高に美味しいです。

久寿餅

添加物が一切入っていないため、賞味期限は購入した日を含め、3日間しかありません。
川崎大師に来た際はぜひ食べてみてください。
住吉公式サイト:https://www.kuzumochi-sumiyoshi.net

久寿餅と葛餅の違い
久寿餅はひし形に切られた白っぽい餅。主に関東で見かける。
葛餅は透明なお餅で食感はつるんとしている。主に関西で見かける。

大きな違いは原材料。
関東のくず餅は小麦粉のでんぷんを発酵させて作られる。
関西のくず餅は葛粉から作られている。

【川崎大師】アクセス

住所神奈川県川崎市川崎区大師町4-48
受付
時間
9:00-16:00
駐車場あり 無料
普通車700台 大型バス40台
利用時間:8:00-17:00
住所:川崎市川崎区大師河原1-1-1
Web
サイト
こちら

最後に

平ポーズと間ポーズ

新型コロナウイルスの感染防止対策のため、御朱印を別紙で配っているところが多いですが、川崎大師は御朱印帳に書いてくれました。

感染予防をしっかりしながら、御朱印巡りを続けていきます!

かなき
かなき

最後までご覧いただきありがとうございました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました