【御朱印巡り】日本最北端の御朱印がいただける『北門神社』を参拝しました♪

嫁の御朱印日記
かなき
かなき

2020年9月に参拝しました。

北門神社(ほくもん)は稚内港を見下ろす小高い場所に鎮座しています。
神職が常駐する神社としては、日本最北の神社です。
つまり、御朱印をいただくことができる日本最北の神社が北門神社ということです。

【御朱印巡り】北門神社の御朱印はこちら♪

御朱印

シンプルなデザインの御朱印です。

中央に北門神社と書かれていて北門神社の判子が押されています。
右側には『日本最北の神社』という判子が押されていました。


北門神社は御朱印をいただくことのできる神社で日本最北になります。

日本最北端の地、宗谷岬。
宗谷岬の近くに宗谷岬神社がありますが拝殿だけで神職はいません。
御朱印は取り扱っていないので、日本最北の神社の御朱印がほしい方は稚内市にある北門神社を参拝しましょう。

御朱印とわたし

御朱印の初穂料は300円です。

【御朱印巡り】北門神社のご由緒

天明5年(1785年)、当時宗谷場所を請け負っていた飛騨屋久兵衛の下請けだった3代目・松山伝兵衛が、浜で太陽を拝んでいる群衆をみて天照大神を思い、航海安全・大漁の守護神として神宮大麻を授かり天照皇大神を奉斎(ほうさい)。

宗谷の地に社を建立して、宗谷大神宮と称したことが始まりと伝えられています。
その後、明治29年(1896年)に現在の地に社殿を移築。
武甕槌神、事代主神を合祀(ごうし)し、『北門神社』と称しました。


平成27年、宗谷大神宮として創祀(そうし)して、230年を迎えました。
平成28年、北門神社鎮座120年を迎えました。

御祭神

北門神社の御祭神は3柱です。
天照皇大神あまてらすすめおおみかみ
日本を造ったとされる神。
太陽神の女神。

*御神恩
国家安泰・子孫繁栄・太陽神・皇祖神・家内安全・家運隆昌



武甕槌神たけみかづちのかみ
火の神カグツチの血から生まれた神。
藤原氏の祖神としても知られている。
雷の神であり、地震の神とも言われている。

*御神恩
武道守護・芸能上達・国家鎮護・航海平安・安産守護・病気治癒・厄除開運・延命長寿・縁結び・交通安全



事代主神ことしろぬしのかみ
事代主神は大国主命(大黒様)の息子。
恵比寿様とも言われている。
海の神、商業の神。

*御神恩
海上安全・豊漁・五穀豊穣・商売繁盛・福徳円満・開運・厄除け

【御朱印巡り】北門神社をレポート!

北門神社には駐車場があるのですが、今回は1人で徒歩で訪問しました。

JR稚内駅から徒歩10分ほど。
一の鳥居がお出迎え。

一の鳥居

鳥居をくぐり少し進むと階段が見えてきます。

入口

上記写真の右側の建物は北門神社の社務所になります。

階段の前には狛犬が鎮座していました。

狛犬
狛犬

狛犬が階段を守っているかのようでした。

北門神社は階段の上にあります。
階段は80段。階段を上ると境内が見えてきます。

階段

階段を上がってすぐ左手に石碑がありました。

石碑

目の前には手水舎があります。
手水舎で手と口をお清め。
水は感知式なのか、少ししてからちょろちょろと水がでてきました。

手水舎

水の中にビー玉が入っていてキラキラしていてきれいでした。

手水舎の横には稚内稲荷神社もありました。

稲荷神社
稚内稲荷神社

参道を進むと二の鳥居がお出迎え。
二の鳥居をくぐると左手に授与所があります。

二の鳥居

御朱印はこちらの授与所でいただくことができます。

参道の左側には他にも社や石碑がありました。


社の前には小さい狛犬がいてかわいかったです。

さらに進むと、本殿の前に真っ白な狛犬が鎮座しています。

阿像
吽像

左側の狛犬は子取り狛犬です。

子取り狛犬

足下にいる子どもの狛犬がかわいいです。

本殿で参拝。

本殿

北門神社の本殿は神明造り。

境内はこじんまりしており、短時間で参拝できました。

境内から稚内公園へと続く道もあり、遊歩道・短歌の道として整備されていました。

境内内に駐車場もありました。

駐車スペース

私が参拝したときは境内にある授与所で御朱印をいただくことができました。
時期によっては階段横にある社務所で対応していることもあるそうです。

授与所

授与所が開いていなかった場合は階段横にある社務所に行ってみてください。

【御朱印巡り】北門神社の情報

名称北門神社
住所北海道稚内市中央1-1-21
駐車場あり 無料
受付
時間
9:00-16:00
Web
サイト
こちら

【おまけ】嫁の御朱印日記

私が今まで訪れた寺院・神社について記念にまとめています。
よかったらご参照ください♪

最後に

北門神社は御朱印巡りをしている中で「日本最北の神社はどこだろう」と気になって見つけた神社です。
稚内市を訪れた際にぜひ参拝してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました